Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テオドシウス朝(テオドシウスちょう、英語:Theodosian dynasty)は、379年に東方正帝として即位したテオドシウス1世から始まるローマ帝国の王朝である。テオドシウス1世は392年のウァレンティニアヌス朝の断絶後の内乱を経て、帝国の再統一を果たして単独のローマ皇帝になるが、395年の没後、彼の2子によって帝国の分割統治が行われた。帝国の分割統治はそれ以前にもあったものの、この分割以降ローマ帝国は再統一される事がなかったために、日本ではこの時をもってローマ帝国が東ローマ帝国と西ローマ帝国に分裂したとみなされている。東では450年まで(テオドシウス1世の孫婿にあたるマルキアヌスを含めると457年まで)、西では455年まで続いた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3137155 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58868775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:単一の出典
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:参照方法
  • 2015 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テオドシウス朝(テオドシウスちょう、英語:Theodosian dynasty)は、379年に東方正帝として即位したテオドシウス1世から始まるローマ帝国の王朝である。テオドシウス1世は392年のウァレンティニアヌス朝の断絶後の内乱を経て、帝国の再統一を果たして単独のローマ皇帝になるが、395年の没後、彼の2子によって帝国の分割統治が行われた。帝国の分割統治はそれ以前にもあったものの、この分割以降ローマ帝国は再統一される事がなかったために、日本ではこの時をもってローマ帝国が東ローマ帝国と西ローマ帝国に分裂したとみなされている。東では450年まで(テオドシウス1世の孫婿にあたるマルキアヌスを含めると457年まで)、西では455年まで続いた。
rdfs:label
  • テオドシウス朝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of