Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テウディギセル (Theudigisel、生年不詳 - 549年没)は、西ゴート王。テウディス王配下の有力な将軍であり、テウディスが暗殺されると王位についた。541年にヒスパニアへ侵攻してきたフランク族をテウディギセルは撃退し、バルカルロスの峠においてフランク族を切り刻んだ。しかし撤退するために彼らが提供した賄賂をテウディギセルは受け取っている。イシドールスによれば、テウディギセルは『公にした売春によって、非常に多くの有力な貴族男性の結婚を汚したため』暗殺されたという。彼はセビリャで宴会に出席中、共謀した暗殺者たちによって殺害された。宴会のさなかに殺害されたことには同意しているが、トゥールのグレゴリウスは彼の最期について別の物語を記している。饗宴の中、ロウソクの灯りが吹き消された。暗闇の中で正体不明の人物がテウディギセルを殺害した。『ゴート族は貴族を不快にさせた王を自らの手で殺害し、彼らの好ましい王に取り替えるという、非難されるべき慣習を持っていた。』と、グレゴリウスは結論付けている.。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2602035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46191524 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テウディギセル (Theudigisel、生年不詳 - 549年没)は、西ゴート王。テウディス王配下の有力な将軍であり、テウディスが暗殺されると王位についた。541年にヒスパニアへ侵攻してきたフランク族をテウディギセルは撃退し、バルカルロスの峠においてフランク族を切り刻んだ。しかし撤退するために彼らが提供した賄賂をテウディギセルは受け取っている。イシドールスによれば、テウディギセルは『公にした売春によって、非常に多くの有力な貴族男性の結婚を汚したため』暗殺されたという。彼はセビリャで宴会に出席中、共謀した暗殺者たちによって殺害された。宴会のさなかに殺害されたことには同意しているが、トゥールのグレゴリウスは彼の最期について別の物語を記している。饗宴の中、ロウソクの灯りが吹き消された。暗闇の中で正体不明の人物がテウディギセルを殺害した。『ゴート族は貴族を不快にさせた王を自らの手で殺害し、彼らの好ましい王に取り替えるという、非難されるべき慣習を持っていた。』と、グレゴリウスは結論付けている.。
rdfs:label
  • テウディギセル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of