Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ティレル・001は、ティレルが1970年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシン。チームが開発した初のオリジナルマシンであった。設計はデレック・ガードナー。1970年シーズン、チームはマーチ・701で参戦していたが、第11戦のカナダで本車が投入された。ジャッキー・スチュワートがドライブし、いきなりポールポジションを獲得したが、レースではリタイアとなる。続く2戦もリタイアとなり、ポイントを獲得することはできなかった。翌1971年はスチュワートが開幕戦の南アフリカで2位を獲得したが、2戦目からはティレル・003が使用された。最終戦のアメリカでピーター・レブソンが本車でスポット参戦したが、リタイアとなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2562977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3952 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47855182 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • フォード コスワース DFV,
prop-ja:エンジン形式
prop-ja:カテゴリ
prop-ja:ギアボックス
  • ヒューランド FG 400,
prop-ja:ギア形式
  • シーケンシャル MT
prop-ja:コンストラクター
  • ティレル・レーシング・オーガニゼーション
prop-ja:コンストラクターズタイトル
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:サスペンション(前)_
prop-ja:サスペンション(後)_
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
  • ティレル・レーシング・オーガニゼーション
  • エルフ・チーム・ティレル
prop-ja:デザイナー
  • デレック・ガードナー
prop-ja:ドライバー
  • ピーター・レブソン
  • ジャッキー・スチュワート,
prop-ja:ドライバーズタイトル
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • ティレル・001
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:出走回数
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1970 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:後継
prop-ja:排気量
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:燃料
prop-ja:画像
  • Tyrrell 001 Goodwood 2008.jpg
prop-ja:配置
  • ミッドエンジン, 縦置き
prop-ja:重量
  • 540.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ティレル・001は、ティレルが1970年のF1世界選手権参戦用に開発したF1マシン。チームが開発した初のオリジナルマシンであった。設計はデレック・ガードナー。1970年シーズン、チームはマーチ・701で参戦していたが、第11戦のカナダで本車が投入された。ジャッキー・スチュワートがドライブし、いきなりポールポジションを獲得したが、レースではリタイアとなる。続く2戦もリタイアとなり、ポイントを獲得することはできなかった。翌1971年はスチュワートが開幕戦の南アフリカで2位を獲得したが、2戦目からはティレル・003が使用された。最終戦のアメリカでピーター・レブソンが本車でスポット参戦したが、リタイアとなった。
rdfs:label
  • ティレル・001
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is foaf:primaryTopic of