Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ティムール朝チムール帝国の位置ティムール朝(ペルシア語 : تيموريان (Tīmūriyān), ウズベク語 : Temuriylar)は、中央アジアのマー・ワラー・アンナフル(現在のウズベキスタン中央部)に勃興したモンゴル帝国の継承政権のひとつで、中央アジアからイランにかけての地域を支配したイスラム王朝(1370年 - 1507年)。その最盛期には、版図は北東は東トルキスタン、南東はインダス川、北西はヴォルガ川、南西はシリア・アナトリア方面にまで及び、かつてのモンゴル帝国の西南部地域を制覇した。創始者のティムール在位中の国家はティムール帝国と呼ばれることが多い。王朝の始祖ティムールは、チャガタイ・ハン国に仕えるバルラス部族の出身で、言語的にテュルク化し、宗教的にイスラム化したモンゴル軍人(チャガタイ人)の一員であった。ティムール一代の征服により、上述の大版図を実現するが、その死後に息子たちによって帝国は分割されたため急速に分裂に向かって縮小し、15世紀後半にはサマルカンドとヘラートの2政権が残った。これらは最終的に16世紀初頭にウズベクのシャイバーニー朝によって中央アジアの領土を奪われるが、ティムール朝の王族の一人バーブルはアフガニスタンのカーブルを経てインドに入り、19世紀まで続くムガル帝国を打ち立てた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 124298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14534 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59047677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1507 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Das Reich Timur-i Lenks .GIF
prop-ja:元首等年代始
  • 1370 (xsd:integer)
  • 1451 (xsd:integer)
  • 1469 (xsd:integer)
  • 1470 (xsd:integer)
  • 1506 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1405 (xsd:integer)
  • 1469 (xsd:integer)
  • 1494 (xsd:integer)
  • 1506 (xsd:integer)
  • 1507 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:先代
  • ジョチ・ウルス
  • クルト朝
  • ムザッファル朝
  • スーフィー朝
  • 西チャガタイ・ハン国
prop-ja:公式国名
  • '''
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗画像
  • Timurid.svg
prop-ja:変遷
  • 成立
  • 滅亡
prop-ja:変遷年月日
  • 1370 (xsd:integer)
  • 1507 (xsd:integer)
prop-ja:建国時期
  • 1370 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • ティムール朝
prop-ja:次代
  • ムガル帝国
  • サファヴィー朝
  • 白羊朝
  • シャイバーニー朝
prop-ja:次旗
  • Flag of Ak Koyunlu.svg
  • Safavid Flag.svg
  • Flag of the Mughal Empire.svg
prop-ja:略名
  • チムール帝国
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ティムール朝チムール帝国の位置ティムール朝(ペルシア語 : تيموريان (Tīmūriyān), ウズベク語 : Temuriylar)は、中央アジアのマー・ワラー・アンナフル(現在のウズベキスタン中央部)に勃興したモンゴル帝国の継承政権のひとつで、中央アジアからイランにかけての地域を支配したイスラム王朝(1370年 - 1507年)。その最盛期には、版図は北東は東トルキスタン、南東はインダス川、北西はヴォルガ川、南西はシリア・アナトリア方面にまで及び、かつてのモンゴル帝国の西南部地域を制覇した。創始者のティムール在位中の国家はティムール帝国と呼ばれることが多い。王朝の始祖ティムールは、チャガタイ・ハン国に仕えるバルラス部族の出身で、言語的にテュルク化し、宗教的にイスラム化したモンゴル軍人(チャガタイ人)の一員であった。ティムール一代の征服により、上述の大版図を実現するが、その死後に息子たちによって帝国は分割されたため急速に分裂に向かって縮小し、15世紀後半にはサマルカンドとヘラートの2政権が残った。これらは最終的に16世紀初頭にウズベクのシャイバーニー朝によって中央アジアの領土を奪われるが、ティムール朝の王族の一人バーブルはアフガニスタンのカーブルを経てインドに入り、19世紀まで続くムガル帝国を打ち立てた。
rdfs:label
  • ティムール朝
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:architectureStyle of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:result of
is prop-ja:王朝 of
is foaf:primaryTopic of