Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • テア・フォン・ハルボウ(Thea von Harbou 、1888年12月27日 - 1954年7月1日)は、ドイツの女流作家。夫のフリッツ・ラングにシナリオを提供した。1888年、バイエルン州タウパーリッツ・バイ・ホーフ(現在はデーラウに編入)の営林署長の娘として生まれ、文才を生かしベルリンで作家になる。1920年にユダヤ人の映画監督フリッツ・ラングと結婚して優雅な生活を送った。夫の多くの映画製作を助けるが、ドイツ国内の政情の変化で国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)を支持するようになったために、1932年に夫と離婚し仕事だけの付き合いになった。1934年にラングがアメリカへ亡命した後もドイツに残りナチス好みの小説を出版しつづけた。戦後は短い抑留期間を経た後に映画界に復帰したが、ドイツが東西に分裂後の1954年、ベルリンの上映会の帰宅中に事故死した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 730848 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 821 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58838439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 902376 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Thea von Harbou
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • テア・フォン・ハルボウ(Thea von Harbou 、1888年12月27日 - 1954年7月1日)は、ドイツの女流作家。夫のフリッツ・ラングにシナリオを提供した。1888年、バイエルン州タウパーリッツ・バイ・ホーフ(現在はデーラウに編入)の営林署長の娘として生まれ、文才を生かしベルリンで作家になる。1920年にユダヤ人の映画監督フリッツ・ラングと結婚して優雅な生活を送った。夫の多くの映画製作を助けるが、ドイツ国内の政情の変化で国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)を支持するようになったために、1932年に夫と離婚し仕事だけの付き合いになった。1934年にラングがアメリカへ亡命した後もドイツに残りナチス好みの小説を出版しつづけた。戦後は短い抑留期間を経た後に映画界に復帰したが、ドイツが東西に分裂後の1954年、ベルリンの上映会の帰宅中に事故死した。
rdfs:label
  • テア・フォン・ハルボウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:producer of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is dbpedia-owl:writer of
is prop-ja:writer of
is prop-ja:脚本 of
is prop-ja:製作 of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of