Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ツェザール・ブレスゲン(Cesar Bresgen、1913年10月16日 - 1988年4月7日)は、オーストリアの作曲家。フィレンツェで芸術家夫婦のアウグストとマリアの間に生まれる。ツェル・アム・ゼー、ミュンヘン、プラハ、ザルツブルクで幼年期を過ごし、1930年から1936年までミュンヘン音楽大学でピアノ、オルガン、指揮を学び、作曲をヨーゼフ・ハースに師事した。1936年から1938年までバイエルン放送局に勤務し、1939年にはザルツブルクのモーツァルテウムの教授となった。青少年向け作品の作曲家の先駆者的存在で、ヒトラー・ユーゲントのために合唱曲を多数書いている。1944年から1945年まで兵役にとられる。戦後はミッターシルでオルガニスト・合唱指導者などを務め、そこでアントン・ヴェーベルンと出会い、大きな影響を受けた。1947年には再びモーツァルテウムの教授となった。1976年、オーストリア国家賞を受賞。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 649580 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1087 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51531064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ツェザール・ブレスゲン(Cesar Bresgen、1913年10月16日 - 1988年4月7日)は、オーストリアの作曲家。フィレンツェで芸術家夫婦のアウグストとマリアの間に生まれる。ツェル・アム・ゼー、ミュンヘン、プラハ、ザルツブルクで幼年期を過ごし、1930年から1936年までミュンヘン音楽大学でピアノ、オルガン、指揮を学び、作曲をヨーゼフ・ハースに師事した。1936年から1938年までバイエルン放送局に勤務し、1939年にはザルツブルクのモーツァルテウムの教授となった。青少年向け作品の作曲家の先駆者的存在で、ヒトラー・ユーゲントのために合唱曲を多数書いている。1944年から1945年まで兵役にとられる。戦後はミッターシルでオルガニスト・合唱指導者などを務め、そこでアントン・ヴェーベルンと出会い、大きな影響を受けた。1947年には再びモーツァルテウムの教授となった。1976年、オーストリア国家賞を受賞。
rdfs:label
  • ツェザール・ブレスゲン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of