Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チョーンシー・デニソン・ハリス(Chauncy Dennison Harris、1914年 - 2003年12月26日)は、現代地理学の先駆者のひとりとされるアメリカ合衆国の地理学者。ハリスは、アメリカ合衆国の都市地理学分野において大きな影響力をもった先駆的研究(「The Nature of Cities」、「A Functional Classification of Cities in the United States」)や、冷戦期からその後にかけてのソビエト連邦についての研究によって、世界的に見ても最先端を切り開く都市地理学者のひとりとなった。ハリスはまた、民族(エスニシティ)についての地理学的研究に大きく貢献し、特にソ連国内に住む非ロシア人の社会的少数集団(マイノリティ)に関する研究を進めた。ハリスは、しばしばソ連に渡り、米ソ両国の研究者間に健全な対話を確立する上で、中心的な役割を担った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2349079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58065780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:name
  • Harris, Chauncy
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チョーンシー・デニソン・ハリス(Chauncy Dennison Harris、1914年 - 2003年12月26日)は、現代地理学の先駆者のひとりとされるアメリカ合衆国の地理学者。ハリスは、アメリカ合衆国の都市地理学分野において大きな影響力をもった先駆的研究(「The Nature of Cities」、「A Functional Classification of Cities in the United States」)や、冷戦期からその後にかけてのソビエト連邦についての研究によって、世界的に見ても最先端を切り開く都市地理学者のひとりとなった。ハリスはまた、民族(エスニシティ)についての地理学的研究に大きく貢献し、特にソ連国内に住む非ロシア人の社会的少数集団(マイノリティ)に関する研究を進めた。ハリスは、しばしばソ連に渡り、米ソ両国の研究者間に健全な対話を確立する上で、中心的な役割を担った。
rdfs:label
  • チョーンシー・ハリス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of