Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チューリングジャンプ(Turing jump または Turing jump operator)とは、計算可能性理論におけるある数学的な操作に付与された名前。名称はアラン・チューリングに因む。直感的に言えば、何らかの決定問題 X について、より難しい決定問題 X’を対応付けることである。ここでいう X’は、X を解けるようなオラクルを持つ神託機械では決定出来ない問題を指す。この作用素は問題 X のチューリング次数を増やす(ジャンプさせる)ので「ジャンプ作用素」と呼ばれる。つまり問題 X’は X にチューリング還元可能ではない。ポストの定理はチューリングジャンプ作用素と自然数の集合の算術的階層との関係を明らかにしている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1617937 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57189125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チューリングジャンプ(Turing jump または Turing jump operator)とは、計算可能性理論におけるある数学的な操作に付与された名前。名称はアラン・チューリングに因む。直感的に言えば、何らかの決定問題 X について、より難しい決定問題 X’を対応付けることである。ここでいう X’は、X を解けるようなオラクルを持つ神託機械では決定出来ない問題を指す。この作用素は問題 X のチューリング次数を増やす(ジャンプさせる)ので「ジャンプ作用素」と呼ばれる。つまり問題 X’は X にチューリング還元可能ではない。ポストの定理はチューリングジャンプ作用素と自然数の集合の算術的階層との関係を明らかにしている。
rdfs:label
  • チューリングジャンプ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of