Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チュベイ(Čübei, 生没年不詳)は、モンゴル帝国の皇族。漢語表記は出伯。チャガタイ・ウルスの第5代当主アルグの次男で、チンギス・ハーンの玄孫、チャガタイの曾孫にあたる。チャガタイ家傍系から出た父アルグの死後、正嫡のムバーラク・シャーが第6代当主に即位すると、彼に従って中央アジアのチャガタイ・ウルスに留まった。しかし次いでムバーラク・シャーの従兄弟バラクが第7代当主に割って入るとバラク一門との間に間隙が生じ、1271年にバラクが急死(実は暗殺と言われる)すると、ムバラーク・シャーおよび兄カバンとともに、バラクと対立していたオゴデイ・ウルスの支配者カイドゥに誼を通じてバラクの遺児ドゥアらと対立した。しかしその後、カイドゥによってさらに傍系のニグベイが擁立されるなどしたためチャガタイ一門の間の内紛が激化し、チュベイとカバンの兄弟はカイドゥとも対立するようになった。その結果、チュベイ兄弟は大ハーン、クビライのもとに亡命し、クビライはチュベイに河西回廊(甘粛省)の西部に牧地と領民を所領として与えた。以後、チュベイはクビライ一門の政権である大元に属し、クビライと対立する西方のカイドゥ勢力に対する河西回廊方面の戦線の指揮をとる安西王マンガラ(クビライの三男)の指揮下に入る。河西回廊西部はチャガタイの存命中にチャガタイ・ウルスの勢力圏に組み入れられていた縁により、チュベイの他にも大チャガタイ裔王族の所領が集中していた。1282年、ドゥアが父の仇敵カイドゥと和解してその後ろ盾によってチャガタイ家当主の座につくと、天山北西麓のイリ川渓谷を本拠地とするドゥアと、クビライの傘下にあって河西回廊西部にいるチャガタイ裔の間で、中間のハミ盆地から天山山脈東麓に横たわる、ウイグル人居住地域の支配圏を巡る争いが勃発する。チュベイはこの戦争において、沙州(敦煌)周辺を支配することから最前線に立ってしばしば軍を率いることになり、クビライ傘下のチャガタイ裔の中で次第に頭角を現していった。クビライの孫テムルの治世後期にあたる1304年、チュベイは威武西寧王に封ぜられ、クビライ家一門に肩を並べる有力王族の座を認められる。そして1307年、テムル没後のハーン位争いに伴ってマンガラの後継者である安西王アナンダが処刑されるとチュベイの勢力を指揮する上級権力が消滅し、チュベイは河西地方における最高軍権を握った。新ハーンであるカイシャンは、即位するとチュベイを豳王(ひんおう)に封じ、チュベイ一門は最高位の皇族の待遇を受けることになる。チュベイの死後、豳王の王号と河西のチャガタイ系王族の盟主の地位はチュベイの子ノム・クリ、孫ノム・ダシュとチュベイ家の嫡流によって相伝されていった。チュベイ家を盟主とする河西のチャガタイ裔モンゴル集団は1368年の元の北走後も河西地方西部に勢力を誇ったが、続く元明後退期にたびたび明の侵攻を受け、1391年には最後の豳王が明軍によって殺害された。しかし明はこの地方におけるモンゴル系勢力を完全に併合することができず、女真などと同様、衛所制による羈縻支配に組み入れるにとどめた。このためその後も100年以上にわたり、この地方ではモンゴル系集団がチュベイ家の傍系であるハミ王家を中心に割拠し続けた。ハミにおいてチュベイの後裔が断絶し、ドゥアの後裔であるモグーリスタン・ハン国(トゥルファン・ハン国)によって河西地方西部が併合されるのは、16世紀初頭のことである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 230661 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2012 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 45892818 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チュベイ(Čübei, 生没年不詳)は、モンゴル帝国の皇族。漢語表記は出伯。チャガタイ・ウルスの第5代当主アルグの次男で、チンギス・ハーンの玄孫、チャガタイの曾孫にあたる。チャガタイ家傍系から出た父アルグの死後、正嫡のムバーラク・シャーが第6代当主に即位すると、彼に従って中央アジアのチャガタイ・ウルスに留まった。しかし次いでムバーラク・シャーの従兄弟バラクが第7代当主に割って入るとバラク一門との間に間隙が生じ、1271年にバラクが急死(実は暗殺と言われる)すると、ムバラーク・シャーおよび兄カバンとともに、バラクと対立していたオゴデイ・ウルスの支配者カイドゥに誼を通じてバラクの遺児ドゥアらと対立した。しかしその後、カイドゥによってさらに傍系のニグベイが擁立されるなどしたためチャガタイ一門の間の内紛が激化し、チュベイとカバンの兄弟はカイドゥとも対立するようになった。その結果、チュベイ兄弟は大ハーン、クビライのもとに亡命し、クビライはチュベイに河西回廊(甘粛省)の西部に牧地と領民を所領として与えた。以後、チュベイはクビライ一門の政権である大元に属し、クビライと対立する西方のカイドゥ勢力に対する河西回廊方面の戦線の指揮をとる安西王マンガラ(クビライの三男)の指揮下に入る。河西回廊西部はチャガタイの存命中にチャガタイ・ウルスの勢力圏に組み入れられていた縁により、チュベイの他にも大チャガタイ裔王族の所領が集中していた。1282年、ドゥアが父の仇敵カイドゥと和解してその後ろ盾によってチャガタイ家当主の座につくと、天山北西麓のイリ川渓谷を本拠地とするドゥアと、クビライの傘下にあって河西回廊西部にいるチャガタイ裔の間で、中間のハミ盆地から天山山脈東麓に横たわる、ウイグル人居住地域の支配圏を巡る争いが勃発する。チュベイはこの戦争において、沙州(敦煌)周辺を支配することから最前線に立ってしばしば軍を率いることになり、クビライ傘下のチャガタイ裔の中で次第に頭角を現していった。クビライの孫テムルの治世後期にあたる1304年、チュベイは威武西寧王に封ぜられ、クビライ家一門に肩を並べる有力王族の座を認められる。そして1307年、テムル没後のハーン位争いに伴ってマンガラの後継者である安西王アナンダが処刑されるとチュベイの勢力を指揮する上級権力が消滅し、チュベイは河西地方における最高軍権を握った。新ハーンであるカイシャンは、即位するとチュベイを豳王(ひんおう)に封じ、チュベイ一門は最高位の皇族の待遇を受けることになる。チュベイの死後、豳王の王号と河西のチャガタイ系王族の盟主の地位はチュベイの子ノム・クリ、孫ノム・ダシュとチュベイ家の嫡流によって相伝されていった。チュベイ家を盟主とする河西のチャガタイ裔モンゴル集団は1368年の元の北走後も河西地方西部に勢力を誇ったが、続く元明後退期にたびたび明の侵攻を受け、1391年には最後の豳王が明軍によって殺害された。しかし明はこの地方におけるモンゴル系勢力を完全に併合することができず、女真などと同様、衛所制による羈縻支配に組み入れるにとどめた。このためその後も100年以上にわたり、この地方ではモンゴル系集団がチュベイ家の傍系であるハミ王家を中心に割拠し続けた。ハミにおいてチュベイの後裔が断絶し、ドゥアの後裔であるモグーリスタン・ハン国(トゥルファン・ハン国)によって河西地方西部が併合されるのは、16世紀初頭のことである。
rdfs:label
  • チュベイ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of