Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第2代ロッキンガム侯爵、チャールズ・ワトソン=ウェントワース(英: Charles Watson-Wentworth, 2nd Marquess of Rockingham, KG, PC、1730年5月13日 - 1782年7月1日)は、イギリスの政治家、貴族。ホイッグ党ニューカッスル公爵派として頭角を表し、1765年に首相となり、自由主義改革やアメリカ植民地人のための改革を行ったが、1766年には国王ジョージ3世との不仲や大ピット派の取り込み失敗など政権の不安定化により国王に更迭された。下野後には「ロッキンガム派」と呼ばれる明確な野党派閥を形成して国王や親国王内閣の批判を行うようになり、これによって政治思想で与野党に分かれて論争を行うという現代的な意味での政党政治がイギリスに根付くようになった。アメリカ独立戦争をめぐってもアメリカ独立を擁護し、アメリカ独立を認めようとしない国王やノース卿内閣を批判した。アメリカ独立戦争の敗戦が決定的となった1782年3月にノース卿内閣倒閣に成功して代わって第二次ロッキンガム侯爵内閣を組閣した。行政改革やアメリカとの交渉を行ったが、同年7月に死去した。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1782-07-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 406790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57557721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
  • 新設
prop-ja:rows
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 首相
  • 初代モルトン伯爵
  • 第2代ロッキンガム侯爵
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1750 (xsd:integer)
  • 1760 (xsd:integer)
  • 1765 (xsd:integer)
  • 1782 (xsd:integer)
  • --03-27
  • --07-13
prop-ja:人名
  • チャールズ・ワトソン=ウェントワース
  • 第2代ロッキンガム侯爵
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:出生地
  • 、イングランド・サウスヨークシャー
prop-ja:出身校
prop-ja:国旗
  • GBR1606
prop-ja:就任日
  • 1751 (xsd:integer)
  • --03-27
  • --07-13
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 、イングランド・ロンドン
prop-ja:没年月日
  • 1782-07-01 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --05-13
prop-ja:画像
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
  • 第2代ロッキンガム侯爵、ガーター勲章ナイト(KG)、枢密顧問官(PC)
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • 1782 (xsd:integer)
  • --07-01
prop-ja:配偶者
  • メアリー
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第2代ロッキンガム侯爵、チャールズ・ワトソン=ウェントワース(英: Charles Watson-Wentworth, 2nd Marquess of Rockingham, KG, PC、1730年5月13日 - 1782年7月1日)は、イギリスの政治家、貴族。ホイッグ党ニューカッスル公爵派として頭角を表し、1765年に首相となり、自由主義改革やアメリカ植民地人のための改革を行ったが、1766年には国王ジョージ3世との不仲や大ピット派の取り込み失敗など政権の不安定化により国王に更迭された。下野後には「ロッキンガム派」と呼ばれる明確な野党派閥を形成して国王や親国王内閣の批判を行うようになり、これによって政治思想で与野党に分かれて論争を行うという現代的な意味での政党政治がイギリスに根付くようになった。アメリカ独立戦争をめぐってもアメリカ独立を擁護し、アメリカ独立を認めようとしない国王やノース卿内閣を批判した。アメリカ独立戦争の敗戦が決定的となった1782年3月にノース卿内閣倒閣に成功して代わって第二次ロッキンガム侯爵内閣を組閣した。行政改革やアメリカとの交渉を行ったが、同年7月に死去した。
rdfs:label
  • チャールズ・ワトソン=ウェントワース (第2代ロッキンガム侯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • チャールズ・ワトソン=ウェントワース
  • 第2代ロッキンガム侯爵
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is prop-ja:namedFor of
is prop-ja:内閣 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of