チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑːlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。

Property Value
dbo:abstract
  • チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑːlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。 (ja)
  • チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑːlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。 (ja)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1882-04-19 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:depictionDescription
  • 晩年の肖像 (ja)
  • 晩年の肖像 (ja)
dbo:field
dbo:knownFor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 27327 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 42997 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81284142 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
  • --02-12
prop-ja:birthPlace
  • グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 シュロップシャー州 シュルーズベリー (ja)
  • グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 シュロップシャー州 シュルーズベリー (ja)
prop-ja:caption
  • 晩年の肖像 (ja)
  • 晩年の肖像 (ja)
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 1882-04-19 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 ケント州 ダウン (ja)
  • グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 ケント州 ダウン (ja)
prop-ja:field
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • チャールズ・ダーウィン (ja)
  • チャールズ・ダーウィン (ja)
prop-ja:prizes
prop-ja:religion
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:signature
  • Charles Darwin Signature.svg (ja)
  • Charles Darwin Signature.svg (ja)
prop-ja:signatureAlt
  • "Charles Darwin", with the surname underlined by a downward curve that mimics the curve of the initial "C" (ja)
  • "Charles Darwin", with the surname underlined by a downward curve that mimics the curve of the initial "C" (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workInstitution
  • ロンドン地理学協会 (ja)
  • ロンドン地理学協会 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑːlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。 (ja)
  • チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑːlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。 全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。 進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学界でも地質学者であるという認識が確立している。 (ja)
rdfs:label
  • チャールズ・ダーウィン (ja)
  • チャールズ・ダーウィン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • チャールズ・ダーウィン (ja)
  • チャールズ・ダーウィン (ja)
is dbo:author of
is dbo:influenced of
is dbo:influencedBy of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:影響を受けたもの of
is foaf:primaryTopic of