Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ(英語: Charles Grey, 2nd Earl Grey, KG, PC、1764年3月13日 - 1845年7月17日)は、イギリスの政治家、貴族。ホイッグ党フォックス派の議員として頭角を現し、1806年のフォックスの死後にホイッグ党の指導者となった。長きにわたって野党だったホイッグ党が1830年に政権獲得した際に首相(在職1830年 - 1834年)に就任した。第一次選挙法改正をはじめとする多くの自由主義的政治改革を成し遂げたが、政権内部の亀裂で1834年に辞職し、メルバーン子爵に首相・ホイッグ党党首の座を譲った。父が叙爵された1806年から自身が爵位を継承する1807年まで、ホーウィック子爵(Viscount Howick)の儀礼称号を使用した。
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 1922-01-01 (xsd:date)
  • 2014-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 168176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 249 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58968308 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:id
  • P12179
prop-ja:name
  • 第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ
prop-ja:rows
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 首相
  • 外務大臣
  • 選出庶民院議員
  • 庶民院院内総務
  • 第2代グレイ伯爵
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
prop-ja:サイン
  • Charles Grey, 2nd Earl Grey Signature.svg
prop-ja:人名
  • チャールズ・グレイ
  • 第2代グレイ伯爵
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
  • 国王
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 、ノーサンバーランド州、
prop-ja:出身校
  • ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
prop-ja:国旗
  • UK
prop-ja:就任日
  • 1807 (xsd:integer)
  • --07-20
  • --09-24
  • --11-14
  • --11-22
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • 、ノーサンバーランド州、
prop-ja:没年月日
  • --07-17
prop-ja:生年月日
  • --03-13
prop-ja:画像
  • Charles Grey, 2nd Earl Grey by Sir Thomas Lawrence copy.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 第2代グレイ伯爵(サー・トマス・ローレンス画)
prop-ja:称号・勲章
  • 第2代グレイ伯爵、ガーター勲章勲爵士 (KG)、枢密顧問官 (PC)
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • --01-19
  • --03-25
  • --07-16
  • --07-17
prop-ja:配偶者
  • メアリ・ポンソンビー
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第2代グレイ伯爵チャールズ・グレイ(英語: Charles Grey, 2nd Earl Grey, KG, PC、1764年3月13日 - 1845年7月17日)は、イギリスの政治家、貴族。ホイッグ党フォックス派の議員として頭角を現し、1806年のフォックスの死後にホイッグ党の指導者となった。長きにわたって野党だったホイッグ党が1830年に政権獲得した際に首相(在職1830年 - 1834年)に就任した。第一次選挙法改正をはじめとする多くの自由主義的政治改革を成し遂げたが、政権内部の亀裂で1834年に辞職し、メルバーン子爵に首相・ホイッグ党党首の座を譲った。父が叙爵された1806年から自身が爵位を継承する1807年まで、ホーウィック子爵(Viscount Howick)の儀礼称号を使用した。
rdfs:label
  • チャールズ・グレイ (第2代グレイ伯爵)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • チャールズ・グレイ
  • 第2代グレイ伯爵
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:内閣 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of