Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チャールズのかしのき座(チャールズのかしのきざ、チャールズの樫の木座、Robur Carolinum)は、1679年にエドモンド・ハレーがイギリス国王チャールズ2世を称えて作った星座。1651年のウースターの戦いに敗れたチャールズ2世がオリバー・クロムウェルの軍の追手から身を隠したロイヤル・オークをモチーフとした星座で、ハレーがセント・ヘレナ島での観測記録をまとめた『南天星表』 (Catalogus Stellarum Australium) で初めて発表された。アルゴ座の一部を切り取り、現在のりゅうこつ座β星、りゅうこつ座η星を含む12の星で形作られていたが、ほとんど使われなかった。ドイツのヨハネス・ヘヴェリウスが作った星図には、オークの木を押し倒すアルゴー船が描かれている。なお、星座名は「かしのき」と訳されているが、イギリスで oak と呼ばれる木は樫ではなく、ヨーロッパナラのことである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1430402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51556414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チャールズのかしのき座(チャールズのかしのきざ、チャールズの樫の木座、Robur Carolinum)は、1679年にエドモンド・ハレーがイギリス国王チャールズ2世を称えて作った星座。1651年のウースターの戦いに敗れたチャールズ2世がオリバー・クロムウェルの軍の追手から身を隠したロイヤル・オークをモチーフとした星座で、ハレーがセント・ヘレナ島での観測記録をまとめた『南天星表』 (Catalogus Stellarum Australium) で初めて発表された。アルゴ座の一部を切り取り、現在のりゅうこつ座β星、りゅうこつ座η星を含む12の星で形作られていたが、ほとんど使われなかった。ドイツのヨハネス・ヘヴェリウスが作った星図には、オークの木を押し倒すアルゴー船が描かれている。なお、星座名は「かしのき」と訳されているが、イギリスで oak と呼ばれる木は樫ではなく、ヨーロッパナラのことである。
rdfs:label
  • チャールズのかしのき座
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of