Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チャップ・ブック(Chapbook)は、主に17世紀から19世紀にかけてイギリスで発行されたポケットサイズの本。低価格で、内容は大衆向けの文学や実用的なものなど様々であり、19世紀の書物収集家によって名付けられた。16~24ページ程度で、内容は伝承的な物語や詩、童話、政治的、宗教的なもの、料理、恋愛、旅行、占いなどのハウツー、ユーモア、暦など多彩であり、版画による挿絵も付いていた。価格は1ペニー前後で、古くは「ペニー・ヒストリー(Penny history)」とも呼ばれていたが、Chapbookという名は、行商人(Chapmen)が売り歩いたことによるとも、古英語で商売を意味するceapがなまったという説もある。現代でも、40ページ以内で詩などの出版物もこの名で呼ぶことがある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2710484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 93 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58363442 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チャップ・ブック(Chapbook)は、主に17世紀から19世紀にかけてイギリスで発行されたポケットサイズの本。低価格で、内容は大衆向けの文学や実用的なものなど様々であり、19世紀の書物収集家によって名付けられた。16~24ページ程度で、内容は伝承的な物語や詩、童話、政治的、宗教的なもの、料理、恋愛、旅行、占いなどのハウツー、ユーモア、暦など多彩であり、版画による挿絵も付いていた。価格は1ペニー前後で、古くは「ペニー・ヒストリー(Penny history)」とも呼ばれていたが、Chapbookという名は、行商人(Chapmen)が売り歩いたことによるとも、古英語で商売を意味するceapがなまったという説もある。現代でも、40ページ以内で詩などの出版物もこの名で呼ぶことがある。
rdfs:label
  • チャップ・ブック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of