Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チャタレー事件(チャタレーじけん)は、イギリスの作家D・H・ローレンスの作品『チャタレイ夫人の恋人』を日本語に訳した作家伊藤整と、版元の小山書店社長小山久二郎に対して刑法第175条のわいせつ物頒布罪が問われた事件で、日本国政府と進駐軍による検閲が行なわれていた占領下の1951年に始まり、1957年の上告棄却で終結した。わいせつと表現の自由の関係が問われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 466653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4251 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58708142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:事件名
  • 猥褻文書販売被告事件
prop-ja:事件番号
  • 昭和28(あ)1713
prop-ja:判例集
  • 刑集11巻3号997頁
prop-ja:参照法条
  • 刑法175条、憲法21条
prop-ja:反対意見
  • 真野毅(4.について)
prop-ja:多数意見
  • 田中耕太郎 小谷勝重 島保 斎藤悠輔 藤田八郎 河村又介 小林俊三 本村善太郎 入江俊郎 池田克 垂水克己
prop-ja:意見
  • 真野毅(1. - 3.について)
prop-ja:法廷名
  • 大法廷
prop-ja:裁判年月日
  • --03-13
prop-ja:裁判要旨
  • # わいせつとは徒らに性欲を興奮又は刺戟せしめ、且つ普通人の正常な性的羞恥心を害し、善良な性的道義観念に反するものをいう。 # 芸術作品であっても、それだけでわいせつ性を否定することはできない。 # わいせつ物頒布罪で被告人を処罰しても憲法21条に反しない。 # 第一審判決で無罪としたが、控訴審で右判決は法令の解釈を誤りひいては事実を誤認したものとして」これを破棄し、自ら何ら事実の取調をすることなく、訴訟記録及び第一審裁判所で取り調べた証拠のみによつて、直ちに被告事件について、犯罪事実を認定し有罪の判決をしたことが、刑訴法400条ただし書きに反しないとされた事例(4.については多数意見では触れていないが刑集には触れられている)
prop-ja:裁判長
prop-ja:陪席裁判官
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チャタレー事件(チャタレーじけん)は、イギリスの作家D・H・ローレンスの作品『チャタレイ夫人の恋人』を日本語に訳した作家伊藤整と、版元の小山書店社長小山久二郎に対して刑法第175条のわいせつ物頒布罪が問われた事件で、日本国政府と進駐軍による検閲が行なわれていた占領下の1951年に始まり、1957年の上告棄却で終結した。わいせつと表現の自由の関係が問われた。
rdfs:label
  • チャタレー事件
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:movement of
is foaf:primaryTopic of