Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チャクチャク(ラテン文字:Çäkçäk - [tʃækˈtʃæk]、[ɕækˈɕæk]、ヤナリフ:Cəkcək、タタール・キリル文字:Чәкчәк/ чәк-чәк / çäk-çäk、タジク語: чақчақ - チャクチャク、ロシア語: чак-чак - チャクチャク、バシキール語: сәк-сәк - シャクシャク、カザフ語: шек-шек - シェクシェク)はタタール人の間で作られている菓子である。チャクチャクはタタールスタンやバシコルトスタンで特に人気のある菓子であり、ロシアではタタールスタンの郷土料理と認識されている。チャクチャクは発酵前のパン生地を切り分け、ヘーゼルナッツ程度の大きさの球へと丸め、油で揚げることで出来上がる。また、生地にヘーゼルナッツやドライフルーツを混ぜ込むこともある。揚げた生地は専用の型へと積み上げ、上からはちみつをかける。冷まして硬くなった後、ヘーゼルナッツやドライフルーツで飾り付けをすることもある。伝統的な結婚式においては、チャクチャクは通常よりも大きなサイズで作られ、キャンディやドラジェで飾り付けをしていることが多い。世界最大のチャクチャク(1000kg)は2005年8月29日にカザンの千年記念行事で制作された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2954397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2049 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57999131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • チャクチャク(右)とブハラ・カラワセ(左)
prop-ja:mainIngredient
  • パン生地、ヘーゼルナッツを混ぜることもある
prop-ja:name
  • チャクチャク
prop-ja:region
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チャクチャク(ラテン文字:Çäkçäk - [tʃækˈtʃæk]、[ɕækˈɕæk]、ヤナリフ:Cəkcək、タタール・キリル文字:Чәкчәк/ чәк-чәк / çäk-çäk、タジク語: чақчақ - チャクチャク、ロシア語: чак-чак - チャクチャク、バシキール語: сәк-сәк - シャクシャク、カザフ語: шек-шек - シェクシェク)はタタール人の間で作られている菓子である。チャクチャクはタタールスタンやバシコルトスタンで特に人気のある菓子であり、ロシアではタタールスタンの郷土料理と認識されている。チャクチャクは発酵前のパン生地を切り分け、ヘーゼルナッツ程度の大きさの球へと丸め、油で揚げることで出来上がる。また、生地にヘーゼルナッツやドライフルーツを混ぜ込むこともある。揚げた生地は専用の型へと積み上げ、上からはちみつをかける。冷まして硬くなった後、ヘーゼルナッツやドライフルーツで飾り付けをすることもある。伝統的な結婚式においては、チャクチャクは通常よりも大きなサイズで作られ、キャンディやドラジェで飾り付けをしていることが多い。世界最大のチャクチャク(1000kg)は2005年8月29日にカザンの千年記念行事で制作された。
rdfs:label
  • チャクチャク (菓子)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of