Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チモカリス(アレキサンドリアのチモカリス、紀元前320年頃 - 紀元前260年)は古代ギリシャの天文学者である。アレキサンドリアに生まれたとされユークリッドと同時代人である。紀元前3世紀頃アリスティルスとともに西洋世界で初めての星表を作った(中国では紀元前4世紀に石申と甘徳が星座を作っている)。150年以上たったあとヒッパルコスが、自らの観測した星表とチモカリスの星表を比較することによって、星の緯度が変化していることを発見し、地軸の歳差の最初の値を求めた。月のクレータにチモカリスにちなんで命名されているものがある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 600671 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47081831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チモカリス(アレキサンドリアのチモカリス、紀元前320年頃 - 紀元前260年)は古代ギリシャの天文学者である。アレキサンドリアに生まれたとされユークリッドと同時代人である。紀元前3世紀頃アリスティルスとともに西洋世界で初めての星表を作った(中国では紀元前4世紀に石申と甘徳が星座を作っている)。150年以上たったあとヒッパルコスが、自らの観測した星表とチモカリスの星表を比較することによって、星の緯度が変化していることを発見し、地軸の歳差の最初の値を求めた。月のクレータにチモカリスにちなんで命名されているものがある。
rdfs:label
  • チモカリス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of