Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チベット侵攻(チベットしんこう)とは、中国人民解放軍(中国共産党の軍隊)によるチベットへの侵攻をいう。侵攻は、チベットの東北部・東部に対して(1948-49)中央チベットに対して(1950-51)の2段階にわかれる。中国では18世紀の雍正のチベット分割以来、後者の領域を「西藏」と名付けており、中華人民共和国は、後者を指して、特に「西蔵和平解放/བོད་ཞི་བས་བཅིངས་འགྲོལ」(シーザンフーピンチァファン/プーシーウェーチンドゥル、日本名:チベット平和解放)と名付けている。第一段階では、中華民国の青海省長馬歩芳や西康省長劉文輝らを降してアムド地方やカム地方の北部・東部・南部を制圧、ついで第二段階でチベット政府ガンデンポタンを屈服させ、カム地方の西部やウー・ツァン地方、ガリ地方を制圧、これにより、中華人民共和国は、チベットの全域を制圧することとなった。チベットおよび西側諸国では、この侵攻を侵略としているが、中国共産党は「西蔵人民」の「帝国主義侵略勢力および国民党反動勢力」からの解放と位置づけている。これを契機として、中国政府とチベット政府ガンデンポタンの間で「十七か条協定」が「締結」され、チベットの全域が中華人民共和国の支配下に入った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1385522 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20600 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 314 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58067954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チベット侵攻(チベットしんこう)とは、中国人民解放軍(中国共産党の軍隊)によるチベットへの侵攻をいう。侵攻は、チベットの東北部・東部に対して(1948-49)中央チベットに対して(1950-51)の2段階にわかれる。中国では18世紀の雍正のチベット分割以来、後者の領域を「西藏」と名付けており、中華人民共和国は、後者を指して、特に「西蔵和平解放/བོད་ཞི་བས་བཅིངས་འགྲོལ」(シーザンフーピンチァファン/プーシーウェーチンドゥル、日本名:チベット平和解放)と名付けている。第一段階では、中華民国の青海省長馬歩芳や西康省長劉文輝らを降してアムド地方やカム地方の北部・東部・南部を制圧、ついで第二段階でチベット政府ガンデンポタンを屈服させ、カム地方の西部やウー・ツァン地方、ガリ地方を制圧、これにより、中華人民共和国は、チベットの全域を制圧することとなった。チベットおよび西側諸国では、この侵攻を侵略としているが、中国共産党は「西蔵人民」の「帝国主義侵略勢力および国民党反動勢力」からの解放と位置づけている。これを契機として、中国政府とチベット政府ガンデンポタンの間で「十七か条協定」が「締結」され、チベットの全域が中華人民共和国の支配下に入った。
rdfs:label
  • チベット侵攻
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:conflict of
is foaf:primaryTopic of