Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チタン酸バリウム(チタンさんバリウム、barium titanate, barium titanium(IV) oxide)は化学式 BaTiO3 で表される、ペロブスカイト構造をもつ人工鉱物である。天然には産出しない。極めて高い比誘電率を持つことからセラミック積層コンデンサなどの誘電体材料として広く使用されている代表的な電子材料の1つであり、代表的な強誘電体、圧電素子としても知られる。1942年にアメリカ合衆国のウェイナーとサロモン、1944年に日本の小川建男と和久茂、同じく1944年にソビエト連邦のウルによって、ほぼ同時期に発見された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 199246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5931 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53617480 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • [12047-27-7]
prop-ja:iupac名
  • Barium Titanate
prop-ja:name
  • チタン酸バリウム
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別名
  • メタチタン酸バリウム
prop-ja:密度
  • 6.020000 (xsd:double)
prop-ja:式量
  • 233.192000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 白色固体
prop-ja:組成式
  • BaO3Ti
prop-ja:結晶構造
prop-ja:融点
  • 1625 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チタン酸バリウム(チタンさんバリウム、barium titanate, barium titanium(IV) oxide)は化学式 BaTiO3 で表される、ペロブスカイト構造をもつ人工鉱物である。天然には産出しない。極めて高い比誘電率を持つことからセラミック積層コンデンサなどの誘電体材料として広く使用されている代表的な電子材料の1つであり、代表的な強誘電体、圧電素子としても知られる。1942年にアメリカ合衆国のウェイナーとサロモン、1944年に日本の小川建男と和久茂、同じく1944年にソビエト連邦のウルによって、ほぼ同時期に発見された。
rdfs:label
  • チタン酸バリウム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:transducer of
is foaf:primaryTopic of