Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チタニア(タイタニア、ティターニア、Uranus III Titania)は、天王星の第3衛星で、天王星の5大衛星の1つである。天王星の衛星の中で最も大きい。1787年1月11日にウィリアム・ハーシェルによって発見された。チタニアという名前は、1852年に発見者ウィリアム・ハーシェルの息子ジョン・ハーシェルが、同じく天王星の衛星アリエルとウンブリエルを発見したウィリアム・ラッセルの要請を受けて提案したことが知られている。天王星の全ての衛星は、ウィリアム・シェイクスピアもしくはアレクサンダー・ポープの作品にちなんで名づけられている。チタニアは、シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』に登場する、オーベロンの妃である妖精の女王タイターニアにちなんで付けられた。
dbpedia-owl:colour
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 148147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3236 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 63 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57737974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.270000 (xsd:double)
prop-ja:主惑星
prop-ja:仮符号・別名
  • Uranus III, U 3
prop-ja:体積
  • 2.057
prop-ja:公転周期
  • 8.706000 (xsd:double)
prop-ja:和名
  • チタニア
prop-ja:大気圧
  • 0.0
prop-ja:平均公転半径
  • 436300.0
prop-ja:平均密度
  • 1.72
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Titania.jpg
prop-ja:画像説明
  • ボイジャー2号が撮影したチタニア
prop-ja:発見日
  • --01-11
prop-ja:発見者
prop-ja:脱出速度
  • 0.77
prop-ja:自転周期
  • 8.710000 (xsd:double)
prop-ja:
  • 衛星
prop-ja:英名
  • Titania
prop-ja:表面温度
  • ~60 K
prop-ja:表面積
  • 7.82
prop-ja:表面重力
  • 0.378000 (xsd:double)
prop-ja:質量
  • 3.526
prop-ja:赤道傾斜角
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:赤道直径
  • 1577.8
prop-ja:軌道傾斜角
  • 0.340000 (xsd:double)
prop-ja:軌道長半径
  • 435910.0
prop-ja:離心率
  • 0.001100 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • チタニア(タイタニア、ティターニア、Uranus III Titania)は、天王星の第3衛星で、天王星の5大衛星の1つである。天王星の衛星の中で最も大きい。1787年1月11日にウィリアム・ハーシェルによって発見された。チタニアという名前は、1852年に発見者ウィリアム・ハーシェルの息子ジョン・ハーシェルが、同じく天王星の衛星アリエルとウンブリエルを発見したウィリアム・ラッセルの要請を受けて提案したことが知られている。天王星の全ての衛星は、ウィリアム・シェイクスピアもしくはアレクサンダー・ポープの作品にちなんで名づけられている。チタニアは、シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』に登場する、オーベロンの妃である妖精の女王タイターニアにちなんで付けられた。
rdfs:label
  • チタニア (衛星)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of