Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チオアセトアミド(Thioacetamide)は分子式 CH3CSNH2 の有機化合物である。この白色結晶性固体は、水溶液にして基質と反応させた後加水分解させるとその硫化物を生じるため、有機、無機合成において猛毒の硫化水素に代わってよく使われる。また、チオアミドの一つでもある。
dbpedia-owl:casNumber
  • 62-55-5
dbpedia-owl:iupacName
  • チオアセトアミド
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1426384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1750 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 52089842 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 62 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • チオアセトアミド
prop-ja:name
  • チオアセトアミド
prop-ja:smiles
  • CC=S
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C2H5NS
prop-ja:分子量
  • 75.130000 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • アセトチオアミド、エタンチオアミド、TAA、チオアセトイミド酸、TA
prop-ja:密度
  • 1.269000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 無色結晶。わずかにメルカプタン臭がある。
prop-ja:構造式
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:沸点注
  • 分解
prop-ja:融点
  • 115 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • チオアセトアミド(Thioacetamide)は分子式 CH3CSNH2 の有機化合物である。この白色結晶性固体は、水溶液にして基質と反応させた後加水分解させるとその硫化物を生じるため、有機、無機合成において猛毒の硫化水素に代わってよく使われる。また、チオアミドの一つでもある。
rdfs:label
  • チオアセトアミド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アセトチオアミド、エタンチオアミド、TAA、チオアセトイミド酸、TA
  • チオアセトアミド
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of