Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チエノジアゼピン系(thienodiazepine)は、ジアゼピン環とチオフェン環が縮合した複素環式化合物である。ベンゾジアゼピンのベンゼン環をチオフェン環に置換しただけであり、同様にベンゾジアゼピン受容体結合部位に作用し、ベンゾジアゼピン系と同様の作用を有する。このため、大きくベンゾジアゼピン系薬物に入る。ブロチゾラムは、1976年に武田薬品工業のT・西山チームによって開発された。エチゾラムは吉冨製薬(現・田辺三菱製薬)が開発1983年9月に承認された。チエノジアゼピン系の構造は、次のようないくつかの製薬医薬品の中核となる。ブロチゾラム(レンドルミン、グッドミン)クロチアゼパム(リーゼ)エチゾラム(デパス)ベンタゼパム これらチエノジアゼピン誘導体は、ベンゾジアゼピン系誘導体とよく似た化学構造と作用を持つため同様の注意が必要だが、とりわけ救急医療においてチエノジアゼピンはこの化学構造の違いにより、簡易薬物鑑別のためのトライエージでの検出ができない(または検出しにくい)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2937982 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3799 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54588676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チエノジアゼピン系(thienodiazepine)は、ジアゼピン環とチオフェン環が縮合した複素環式化合物である。ベンゾジアゼピンのベンゼン環をチオフェン環に置換しただけであり、同様にベンゾジアゼピン受容体結合部位に作用し、ベンゾジアゼピン系と同様の作用を有する。このため、大きくベンゾジアゼピン系薬物に入る。ブロチゾラムは、1976年に武田薬品工業のT・西山チームによって開発された。エチゾラムは吉冨製薬(現・田辺三菱製薬)が開発1983年9月に承認された。チエノジアゼピン系の構造は、次のようないくつかの製薬医薬品の中核となる。ブロチゾラム(レンドルミン、グッドミン)クロチアゼパム(リーゼ)エチゾラム(デパス)ベンタゼパム これらチエノジアゼピン誘導体は、ベンゾジアゼピン系誘導体とよく似た化学構造と作用を持つため同様の注意が必要だが、とりわけ救急医療においてチエノジアゼピンはこの化学構造の違いにより、簡易薬物鑑別のためのトライエージでの検出ができない(または検出しにくい)。
rdfs:label
  • チエノジアゼピン系
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of