Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チェリーバレー虐殺(チェリーバレーぎゃくさつ、英: Cherry Valley massacre)は、アメリカ独立戦争の1778年11月11日、ニューヨーク東部のチェリーバレーにあった砦と村を、イギリス軍とイロコイ族インディアンが攻撃したものである。この戦争を通じて最大級に恐ろしいフロンティアでの虐殺と言われてきた。イギリス軍正規兵、ロイヤリスト民兵、イロコイ連邦に属するセネカ族とモホーク族インディアンの混成部隊がチェリーバレーに下ってきた。守備隊は警告を受けていたにも拘わらず、攻撃に対する備えができていなかった。この襲撃の間に、特にセネカ族は非戦闘員を標的にし、多くの武装守備兵に加えて非戦闘員30人を殺したと伝えられている。この襲撃はウォルター・バトラーの全体指揮下にあったが、バトラーはインディアンに対してはその権限をほとんど行使しなかった。歴史家のバーバラ・グレイモントは、バトラーの指揮を「犯罪的に無能」と表現している。セネカ族は、7月3日のワイオミングの戦いで残虐行為を働いたと告発されたこと、およびこの虐殺の少し前に、植民地人がセネカ族の前進作戦基地であるユナディラ、オナカガ、タイオガを破壊したことに怒っていた。バトラーのインディアンに対する権威は、モホーク族指導者のジョセフ・ブラントを粗略に扱ったことで台無しにされていた。残虐行為が起こるままにさせたと非難されたことに対し、セネカ族を拘束する力は無かったと繰り返し主張した。ブラントは1778年の作戦期間に残酷であるという不当な評判を得ていた。ワイオミングの戦いでは戦場に居なかったが、多くの者がブラントが居たと考えた。またチェリーバレーで起きた残虐行為を積極的に抑えようとしていた。この虐殺は報復の呼びかけに繋がり、1779年のサリバン遠征ではイロコイ族をニューヨーク西部から追い出すことになった。
dbpedia-owl:casualties
  • 5 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • セネカ族、モホーク族インディアン
  • 愛国者軍
dbpedia-owl:description
  • チェリーバレー虐殺、非戦闘員も30人が殺された。描かれているのはその1人であるジェイン・ウェルズ
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • イギリス軍(ロイヤリストとインディアン)の勝利
dbpedia-owl:startDate
  • 2011-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:strength
  • イロコイ族: 321名
  • バトラー・レンジャー: 150名
  • 民兵と開拓者: 250名
  • 第7マサチューセッツ連隊
  • 第8歩兵連隊: 50名
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2796564 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56572535 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 42.80888888888889 -74.73722222222223
rdf:type
rdfs:comment
  • チェリーバレー虐殺(チェリーバレーぎゃくさつ、英: Cherry Valley massacre)は、アメリカ独立戦争の1778年11月11日、ニューヨーク東部のチェリーバレーにあった砦と村を、イギリス軍とイロコイ族インディアンが攻撃したものである。この戦争を通じて最大級に恐ろしいフロンティアでの虐殺と言われてきた。イギリス軍正規兵、ロイヤリスト民兵、イロコイ連邦に属するセネカ族とモホーク族インディアンの混成部隊がチェリーバレーに下ってきた。守備隊は警告を受けていたにも拘わらず、攻撃に対する備えができていなかった。この襲撃の間に、特にセネカ族は非戦闘員を標的にし、多くの武装守備兵に加えて非戦闘員30人を殺したと伝えられている。この襲撃はウォルター・バトラーの全体指揮下にあったが、バトラーはインディアンに対してはその権限をほとんど行使しなかった。歴史家のバーバラ・グレイモントは、バトラーの指揮を「犯罪的に無能」と表現している。セネカ族は、7月3日のワイオミングの戦いで残虐行為を働いたと告発されたこと、およびこの虐殺の少し前に、植民地人がセネカ族の前進作戦基地であるユナディラ、オナカガ、タイオガを破壊したことに怒っていた。バトラーのインディアンに対する権威は、モホーク族指導者のジョセフ・ブラントを粗略に扱ったことで台無しにされていた。残虐行為が起こるままにさせたと非難されたことに対し、セネカ族を拘束する力は無かったと繰り返し主張した。ブラントは1778年の作戦期間に残酷であるという不当な評判を得ていた。ワイオミングの戦いでは戦場に居なかったが、多くの者がブラントが居たと考えた。またチェリーバレーで起きた残虐行為を積極的に抑えようとしていた。この虐殺は報復の呼びかけに繋がり、1779年のサリバン遠征ではイロコイ族をニューヨーク西部から追い出すことになった。
rdfs:label
  • チェリーバレー虐殺
owl:sameAs
geo:lat
  • 42.808887 (xsd:float)
geo:long
  • -74.737221 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • チェリーバレー虐殺
  • Cherry Valley massacre
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of