Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チェコ語 (český jazyk、čeština) は、スロヴァキア語やポーランド語、カシューブ語(ポメラニア語)、ソルブ語(ソラビア語、ヴェンド語とも)などと共に、西スラヴ語の一つである。チェコ共和国の人口(約1030万人、2007年3月現在)の9割以上を占めるチェコ人と、周辺国やアメリカ合衆国、カナダ等にコミュニティを作るチェコ系住民に話されている言語である(共和国の国内外合わせて約1200万人の話者が存在する)。スロヴァキア語とは非常に近い(方言ほどの違いしかない――ただし、チェコスロヴァキア共和国時代から別の言語として扱われていた)関係にあり、大抵の場合互いに会話が可能である。しかしスロヴァキア人が子供の頃からチェコのテレビ番組や書籍を通してチェコ語に慣れ親しむのに対し、チェコの子供たちがスロヴァキア語に触れる機会はそう多くない。そのためスロヴァキア人のチェコ語の理解度とチェコ人のスロヴァキア語の理解度にはある程度の差が存在する。その複雑さから、チェコ語は習得の困難な言語と言われることが多い。その複雑さは形態論の豊富さ(200以上の語形を持ちうる語もある)や非常に自由な語順(節内の全ての組み合わせが許されることもある)のためである。これらの特徴はロシア語を始めとするスラヴ語に共通して見られる特徴である。チェコ語の音韻論も多くの外国語話者にとって非常に難しいものであろう。例えば、zmrzl, ztvrdl, scvrnkl, čtvrthrstのように母音を持たないように見える語もある。しかし、子音である l や r が自鳴音として機能し、母音の役割を担っているのである。似たような現象はサンスクリットにも見られる。英語でもl, m, nが特に語末で、音節の核を成す。これらを「成音節子音」という。Strč prst skrz krkのように、母音をひとつも持たない文も存在し得る。チェコ語に独特であると言われ、外国人が発音するのが極めて困難な音素である子音 ř も特徴の一つである(この音はスロヴァキア語など他のスラヴ語にはない。また、この ř の音は、チェコにおいても子供達がなかなか習得出来ない音でもあり、現地の小学校では、この音を発音出来ない子供達にそれを習得させるためだけの特別の授業が行われている)。
dbpedia-owl:iso6391Code
  • cs
dbpedia-owl:iso6393Code
  • ces
dbpedia-owl:languageFamily
dbpedia-owl:languageRegulator
dbpedia-owl:spokenIn
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 33156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4091 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 73 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57381408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:agency
prop-ja:fam
prop-ja:familycolor
  • インド・ヨーロッパ語族
prop-ja:iso
  • ces
  • cs
prop-ja:iso2b
  • cze
prop-ja:iso2t
  • ces
prop-ja:name
  • チェコ語
prop-ja:nation
  • 欧州連合
prop-ja:rank
  • 73 (xsd:integer)
prop-ja:region
prop-ja:script
prop-ja:speakers
  • 1200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • チェコ語 (český jazyk、čeština) は、スロヴァキア語やポーランド語、カシューブ語(ポメラニア語)、ソルブ語(ソラビア語、ヴェンド語とも)などと共に、西スラヴ語の一つである。チェコ共和国の人口(約1030万人、2007年3月現在)の9割以上を占めるチェコ人と、周辺国やアメリカ合衆国、カナダ等にコミュニティを作るチェコ系住民に話されている言語である(共和国の国内外合わせて約1200万人の話者が存在する)。スロヴァキア語とは非常に近い(方言ほどの違いしかない――ただし、チェコスロヴァキア共和国時代から別の言語として扱われていた)関係にあり、大抵の場合互いに会話が可能である。しかしスロヴァキア人が子供の頃からチェコのテレビ番組や書籍を通してチェコ語に慣れ親しむのに対し、チェコの子供たちがスロヴァキア語に触れる機会はそう多くない。そのためスロヴァキア人のチェコ語の理解度とチェコ人のスロヴァキア語の理解度にはある程度の差が存在する。その複雑さから、チェコ語は習得の困難な言語と言われることが多い。その複雑さは形態論の豊富さ(200以上の語形を持ちうる語もある)や非常に自由な語順(節内の全ての組み合わせが許されることもある)のためである。これらの特徴はロシア語を始めとするスラヴ語に共通して見られる特徴である。チェコ語の音韻論も多くの外国語話者にとって非常に難しいものであろう。例えば、zmrzl, ztvrdl, scvrnkl, čtvrthrstのように母音を持たないように見える語もある。しかし、子音である l や r が自鳴音として機能し、母音の役割を担っているのである。似たような現象はサンスクリットにも見られる。英語でもl, m, nが特に語末で、音節の核を成す。これらを「成音節子音」という。Strč prst skrz krkのように、母音をひとつも持たない文も存在し得る。チェコ語に独特であると言われ、外国人が発音するのが極めて困難な音素である子音 ř も特徴の一つである(この音はスロヴァキア語など他のスラヴ語にはない。また、この ř の音は、チェコにおいても子供達がなかなか習得出来ない音でもあり、現地の小学校では、この音を発音出来ない子供達にそれを習得させるためだけの特別の授業が行われている)。
rdfs:label
  • チェコ語
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • チェコ語
is dbpedia-owl:language of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:derived of
is prop-ja:langs of
is prop-ja:language of
is prop-ja:region of
is prop-ja:使用言語 of
is prop-ja:公用語 of
is prop-ja:原語名 of
is prop-ja:対応言語 of
is prop-ja:言語 of
is foaf:primaryTopic of