Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • チェウリン(Ceawlin, CeaulinまたはCaelinとも、593年没)はゲウィセと呼ばれたサクソン人の一派西サクソン人の長であり、後世イングランド西南部を治めたウェセックス王国の王として列せられた人物である。このチェウリンのもとで西サクソン族は躍進したとされる。系譜ではイングランドに上陸した最初の西サクソン人たちの首長チェルディッチの孫にしてキュンリッチの息子とされている。チェウリンの時代に長らくブリトン人と拮抗していた西サクソン人勢力は大攻勢に転じ、チェウリンが没する頃には南イングランドでブリトン人が抵抗する地域は数えるほどしかなくなっていた。アングロサクソン年代記によれば、チェウリンの関わった事例は556年から592年にかけてのものである。以下が年代記の概略である。556年:ベラン・ビュルグにて父キュンリッチとともにブリトン人と戦う。560年:西サクソン王国を継承。568年:クタとともにエゼルベルトと戦い、ケントに追放した。またウィバウンダンにて二人の大守(エアルドルマン)を殺害。577年:クスウィネとともにブリトン人と戦う。ディラムにて三人の敵王を殺害。584年:クタとともにフェサンラァグにてブリトン人と戦う。クタは戦死。591年:西サクソンの王ケオルが5年間統治。このケオルはチェウリンとするものもある592年:ウォーデンズバロウで大殺戮、チェウリンが追放される。593年:チェウリン死去。しかし、この年代記は正確性に欠けており、チェウリンの治世ですら7年、17年、32年と年代記の写本によって違いがある。それゆえに年代記でチェウリンの関わった出来事の多くは、年代の正確性に疑問がもたれているが、チェウリンの生きたとされる時代において(後年その領土の一部を奪われる形になったが)西サクソン人は大躍進を遂げたのは確かである。そして、その業績からチェウリンは年代記にてブレトワルダと呼ばれたイングランドの8人の王の一人に列せられている。とはいえ、チェウリンの権勢がどこまで及んでいたかは分かってはいない。権勢を誇っていたチェウリンは、592年に後継者とされるチェオルによって退位させられ、翌593年に没した。また、チェウリンは各資料より二人の息子、クタ(Cutha)とクスウィネがいたと伝えられているが、系譜学の立場からすると息子であるかどうかは疑わしいと言う。また、チェウリンの名は現代英語にはあまり見られない綴りであるため日本語では表記が統一されておらず、「セウリン」、「ケアウリン」、「ツェアウリン」、「チェオリン」の表記が見られるが、古英語で正しくは『チェァウリン』と発音するものと思われる。以下便宜上「チェウリン」と統一する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1278583 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12342 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58836784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • チェウリン(Ceawlin, CeaulinまたはCaelinとも、593年没)はゲウィセと呼ばれたサクソン人の一派西サクソン人の長であり、後世イングランド西南部を治めたウェセックス王国の王として列せられた人物である。このチェウリンのもとで西サクソン族は躍進したとされる。系譜ではイングランドに上陸した最初の西サクソン人たちの首長チェルディッチの孫にしてキュンリッチの息子とされている。チェウリンの時代に長らくブリトン人と拮抗していた西サクソン人勢力は大攻勢に転じ、チェウリンが没する頃には南イングランドでブリトン人が抵抗する地域は数えるほどしかなくなっていた。アングロサクソン年代記によれば、チェウリンの関わった事例は556年から592年にかけてのものである。以下が年代記の概略である。556年:ベラン・ビュルグにて父キュンリッチとともにブリトン人と戦う。560年:西サクソン王国を継承。568年:クタとともにエゼルベルトと戦い、ケントに追放した。またウィバウンダンにて二人の大守(エアルドルマン)を殺害。577年:クスウィネとともにブリトン人と戦う。ディラムにて三人の敵王を殺害。584年:クタとともにフェサンラァグにてブリトン人と戦う。クタは戦死。591年:西サクソンの王ケオルが5年間統治。このケオルはチェウリンとするものもある592年:ウォーデンズバロウで大殺戮、チェウリンが追放される。593年:チェウリン死去。しかし、この年代記は正確性に欠けており、チェウリンの治世ですら7年、17年、32年と年代記の写本によって違いがある。それゆえに年代記でチェウリンの関わった出来事の多くは、年代の正確性に疑問がもたれているが、チェウリンの生きたとされる時代において(後年その領土の一部を奪われる形になったが)西サクソン人は大躍進を遂げたのは確かである。そして、その業績からチェウリンは年代記にてブレトワルダと呼ばれたイングランドの8人の王の一人に列せられている。とはいえ、チェウリンの権勢がどこまで及んでいたかは分かってはいない。権勢を誇っていたチェウリンは、592年に後継者とされるチェオルによって退位させられ、翌593年に没した。また、チェウリンは各資料より二人の息子、クタ(Cutha)とクスウィネがいたと伝えられているが、系譜学の立場からすると息子であるかどうかは疑わしいと言う。また、チェウリンの名は現代英語にはあまり見られない綴りであるため日本語では表記が統一されておらず、「セウリン」、「ケアウリン」、「ツェアウリン」、「チェオリン」の表記が見られるが、古英語で正しくは『チェァウリン』と発音するものと思われる。以下便宜上「チェウリン」と統一する。
rdfs:label
  • チェウリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of