Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダージ(Durge)は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズのアニメ作品『クローン大戦』及びスピンオフ作品に登場する架空の人物。男性。一説によれば、驚異的な生命力を誇り4,000年生きた者も存在すると言われる長命種族ジェンダイの1人であり、ダージ自身、クローン大戦登場時には、すでに齢2,000歳と言われていた。見上げるほどの巨漢で、外見は人間に似ているが、傷だらけの耐衝撃アーマーで常に全身を武装しているため、その素顔を見た者は存在しない。ジェンダイは非攻撃的な性格の持ち主が多いが、ダージは非常に好戦的で暴力を好んでおり、何人もの著名な賞金稼ぎに弟子入りしナブーの戦いやクローン大戦よりもはるか昔から、銀河を股にかける賞金稼ぎとして活躍した。シスの滅亡をもたらした1,000年前のジェダイとシスの戦争(ルーサンの戦い)にもシス側の傭兵として参加していた。戦の後はジェダイからの報復を避けるため別名で賞金稼ぎを続け遂には巨万の富を築いた。しかし、クローン大戦の100年前、ジャンゴ・フェットの先祖達(マンダロリアン)との戦いで重傷を負い、傷を癒す為1世紀に渡って冬眠を余儀なくされる。そしてクローン大戦中に目覚めた彼は、ダーク・ジェダイのアサージ・ヴェントレスと共に、シスの1人で独立星系連合のリーダー、ドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)の右腕として、ジェダイの率いるクローン・トルーパーと戦った(クローン・トルーパーはジャンゴ・フェットの遺伝子から作られたため、彼らと戦うことは、ダージにとって100年前の復讐でもあった)。かつてシスとジェダイの戦争に参加した経験から、対ジェダイの戦闘術を身に付けていた彼は、ヴェントレスやグリーヴァス将軍らと共に、クローン大戦における恐るべきジェダイキラーの1人となった。特にオビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカーとは宿敵とも言える間柄であり、アニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』では、ムーニリンストの戦いでオビ=ワンと2度にわたって激闘を繰り広げている。全身これ武器と言うに相応しく、数々の武器(2丁の長距離戦用ブラスターピストル、鎖のついた格闘戦用の刺付き棍棒、エネルギー・ボールの様な投擲武器、ダーツ、前腕部分に組み込まれた短時間ではあるがブラスターやライトセーバーによる攻撃を防ぐ事のできるエネルギー・シールド発生装置、火炎放射器)と空を飛べるロケット・パックを装備しており、怪力の持ち主でもある。そしてジェンダイ特有の肉体も恐るべき武器となる。その肉体の耐久性、回復力は驚異的なもので、ライトセーバーで貫いたり、胴体を切断する程度では、彼を倒すことは出来ず、軍用ブラスターライフルの集中射撃や小型ミサイルの攻撃をまともに受けても再生可能である。一説によれば、ジェンダイは5体をバラバラにされても生存可能と言われている。この不死身の肉体のおかげで、何度も死んだと思われては、その度に蘇っている。ムーニリンストの戦いでは、集中攻撃によって剥き出しになった筋肉細胞でオビ=ワンを包み込んだが、内部から破裂させられ死亡したかに見えた。だがダージは肉片の状態になっても動き続けるしぶとさを見せており、傷を癒す為に冬眠したのか後に再び戦場に姿を現している。最後はアウター・リム包囲作戦の最中、宇宙船内でアナキン・スカイウォーカーと激闘を演じた末、脱出ポッドに閉じ込められ、そのまま恒星にたたき落とされた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 612357 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1869 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58515453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ダージ(Durge)は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズのアニメ作品『クローン大戦』及びスピンオフ作品に登場する架空の人物。男性。一説によれば、驚異的な生命力を誇り4,000年生きた者も存在すると言われる長命種族ジェンダイの1人であり、ダージ自身、クローン大戦登場時には、すでに齢2,000歳と言われていた。見上げるほどの巨漢で、外見は人間に似ているが、傷だらけの耐衝撃アーマーで常に全身を武装しているため、その素顔を見た者は存在しない。ジェンダイは非攻撃的な性格の持ち主が多いが、ダージは非常に好戦的で暴力を好んでおり、何人もの著名な賞金稼ぎに弟子入りしナブーの戦いやクローン大戦よりもはるか昔から、銀河を股にかける賞金稼ぎとして活躍した。シスの滅亡をもたらした1,000年前のジェダイとシスの戦争(ルーサンの戦い)にもシス側の傭兵として参加していた。戦の後はジェダイからの報復を避けるため別名で賞金稼ぎを続け遂には巨万の富を築いた。しかし、クローン大戦の100年前、ジャンゴ・フェットの先祖達(マンダロリアン)との戦いで重傷を負い、傷を癒す為1世紀に渡って冬眠を余儀なくされる。そしてクローン大戦中に目覚めた彼は、ダーク・ジェダイのアサージ・ヴェントレスと共に、シスの1人で独立星系連合のリーダー、ドゥークー伯爵(ダース・ティラナス)の右腕として、ジェダイの率いるクローン・トルーパーと戦った(クローン・トルーパーはジャンゴ・フェットの遺伝子から作られたため、彼らと戦うことは、ダージにとって100年前の復讐でもあった)。かつてシスとジェダイの戦争に参加した経験から、対ジェダイの戦闘術を身に付けていた彼は、ヴェントレスやグリーヴァス将軍らと共に、クローン大戦における恐るべきジェダイキラーの1人となった。特にオビ=ワン・ケノービ、アナキン・スカイウォーカーとは宿敵とも言える間柄であり、アニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』では、ムーニリンストの戦いでオビ=ワンと2度にわたって激闘を繰り広げている。全身これ武器と言うに相応しく、数々の武器(2丁の長距離戦用ブラスターピストル、鎖のついた格闘戦用の刺付き棍棒、エネルギー・ボールの様な投擲武器、ダーツ、前腕部分に組み込まれた短時間ではあるがブラスターやライトセーバーによる攻撃を防ぐ事のできるエネルギー・シールド発生装置、火炎放射器)と空を飛べるロケット・パックを装備しており、怪力の持ち主でもある。そしてジェンダイ特有の肉体も恐るべき武器となる。その肉体の耐久性、回復力は驚異的なもので、ライトセーバーで貫いたり、胴体を切断する程度では、彼を倒すことは出来ず、軍用ブラスターライフルの集中射撃や小型ミサイルの攻撃をまともに受けても再生可能である。一説によれば、ジェンダイは5体をバラバラにされても生存可能と言われている。この不死身の肉体のおかげで、何度も死んだと思われては、その度に蘇っている。ムーニリンストの戦いでは、集中攻撃によって剥き出しになった筋肉細胞でオビ=ワンを包み込んだが、内部から破裂させられ死亡したかに見えた。だがダージは肉片の状態になっても動き続けるしぶとさを見せており、傷を癒す為に冬眠したのか後に再び戦場に姿を現している。最後はアウター・リム包囲作戦の最中、宇宙船内でアナキン・スカイウォーカーと激闘を演じた末、脱出ポッドに閉じ込められ、そのまま恒星にたたき落とされた。
rdfs:label
  • ダージ (スター・ウォーズ)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of