Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダヴィト・ベルゲルソン(ドヴィド・ベルグルソン、David Bergelson / Dovid Berglson, 1884年8月12日 - 1952年8月12日)は、ウクライナ出身のイディッシュ語小説家である。初期の『駅の周辺』(1909年)、『辺地の町』(1914年)は、穀物仲買人や怠け者のラビなど、ユダヤ教徒の生活・心情を活写した中編。1921年からベルリンに移り、雑誌編集に従事する。1934年ナチスを避けてソ連に帰国。その前後からドニエプル川を舞台にした『ドニエプル河畔』(2部作の半自伝的長編、1932年、1940年)など、社会主義リアリズムの作品を多数発表した。スターリンの粛清によって処刑された。1961年、名誉回復。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 239042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 25 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49950014 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ダヴィト・ベルゲルソン(ドヴィド・ベルグルソン、David Bergelson / Dovid Berglson, 1884年8月12日 - 1952年8月12日)は、ウクライナ出身のイディッシュ語小説家である。初期の『駅の周辺』(1909年)、『辺地の町』(1914年)は、穀物仲買人や怠け者のラビなど、ユダヤ教徒の生活・心情を活写した中編。1921年からベルリンに移り、雑誌編集に従事する。1934年ナチスを避けてソ連に帰国。その前後からドニエプル川を舞台にした『ドニエプル河畔』(2部作の半自伝的長編、1932年、1940年)など、社会主義リアリズムの作品を多数発表した。スターリンの粛清によって処刑された。1961年、名誉回復。
rdfs:label
  • ダヴィト・ベルゲルソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of