Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダンス(英語: dance)は伴奏に合わせて演じられる一連の動作である。ソロ、デュエットあるいは集団で演じられ、祭りや儀式の場においても行われる。太古から神々への礼拝、国事の祝い、歴史の伝承、言葉を用いない権力への抵抗、戦闘前の行事といった役割から身体を動かして自己を表現し、感情的、精神的、肉体的に自らを称賛したり、労働の際に共同体の協力を得る手段としても、またあるものは長い年月を経て洗練された舞台芸術となっている。日本では、はじめdanceの訳語として(ぶよう)舞(狭義の「ダンス」)と、踏(「ステップ」)を組み合わせた舞踏(ぶとう)が使われた。しかし、坪内逍遥の「新楽劇論」(1904年(明治37年))で舞踊という言葉が使われるようになり、現代ではこちらの方が一般的である。舞踊は坪内逍遥と福地桜痴による造語で、日本の伝統的なダンスである舞(まい)と踊り(おどり)をくっつけたものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 323287 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59027466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ダンス(英語: dance)は伴奏に合わせて演じられる一連の動作である。ソロ、デュエットあるいは集団で演じられ、祭りや儀式の場においても行われる。太古から神々への礼拝、国事の祝い、歴史の伝承、言葉を用いない権力への抵抗、戦闘前の行事といった役割から身体を動かして自己を表現し、感情的、精神的、肉体的に自らを称賛したり、労働の際に共同体の協力を得る手段としても、またあるものは長い年月を経て洗練された舞台芸術となっている。日本では、はじめdanceの訳語として(ぶよう)舞(狭義の「ダンス」)と、踏(「ステップ」)を組み合わせた舞踏(ぶとう)が使われた。しかし、坪内逍遥の「新楽劇論」(1904年(明治37年))で舞踊という言葉が使われるようになり、現代ではこちらの方が一般的である。舞踊は坪内逍遥と福地桜痴による造語で、日本の伝統的なダンスである舞(まい)と踊り(おどり)をくっつけたものである。
rdfs:label
  • ダンス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:bandMember of
is dbpedia-owl:genre of
is dbpedia-owl:instrument of
is dbpedia-owl:occupation of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:competencies of
is prop-ja:currentMembers of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:instrument of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:pastMembers of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:他の活動 of
is prop-ja:得意ジャンル of
is prop-ja:用途 of
is prop-ja:種類 of
is prop-ja:職業 of
is prop-ja:芸種 of
is prop-ja:芸風 of
is prop-ja:趣味 of
is foaf:primaryTopic of