Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『ダル・レークの恋』(ダル・レークのこい)は、宝塚歌劇団で上演された舞台作品である。同歌劇団に多くの作品を提供した劇作家・菊田一夫によるオリジナル作品。1959年初演。その後1997年に一部レビュー化して再演。2007年にも再演された。インド北部シュリーナガル(カシミール地方の中心都市)にある避暑地・ダル湖などを舞台に、軍人(騎兵大尉)とインド貴族の令嬢の恋を描く。主人公ラッチマンとヒロイン・カマラの役はいずれも宝塚の二枚目男役、娘役の枠にとどまらない描き込みがなされており、演技者の力量が試される役として知られる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1055392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3789 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 93 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58514584 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『ダル・レークの恋』(ダル・レークのこい)は、宝塚歌劇団で上演された舞台作品である。同歌劇団に多くの作品を提供した劇作家・菊田一夫によるオリジナル作品。1959年初演。その後1997年に一部レビュー化して再演。2007年にも再演された。インド北部シュリーナガル(カシミール地方の中心都市)にある避暑地・ダル湖などを舞台に、軍人(騎兵大尉)とインド貴族の令嬢の恋を描く。主人公ラッチマンとヒロイン・カマラの役はいずれも宝塚の二枚目男役、娘役の枠にとどまらない描き込みがなされており、演技者の力量が試される役として知られる。
rdfs:label
  • ダル・レークの恋
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is foaf:primaryTopic of