Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダルテパリン(Dalteparin、商品名:フラグミン)は低分子ヘパリンの一つである。他の低分子ヘパリン同様、深部静脈血栓症及び肺塞栓症の予防及び治療に用いられる。2003年に公表されたCLOT臨床試験では、悪性急性の静脈血栓塞栓症患者の血栓形成減少についてワルファリンよりも有効である事が示された。ダルテパリンの血栓予防効果は非低分子ヘパリンと比較して勝らない。ヘパリンは腎臓から排泄されるが、ダルテパリンは腎機能が低下している場合でも血中濃度が上昇しない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3271165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3548 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57190971 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • B01
prop-ja:atcSuffix
  • AB04
prop-ja:bioavailability
  • 81 (xsd:integer)
prop-ja:casNumber
  • 9041-08-01 (xsd:date)
prop-ja:chemspiderid
  • NA
prop-ja:drugbank
  • DB06779
prop-ja:eliminationHalfLife
  • -8280.0
prop-ja:excretion
  • Renal
prop-ja:kegg
  • D03353
prop-ja:legalUs
  • Rx-only
prop-ja:pregnancyAu
  • C
prop-ja:pregnancyUs
  • B
prop-ja:routesOfAdministration
  • subcutaneous
prop-ja:tradename
  • Fragmin
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ダルテパリン(Dalteparin、商品名:フラグミン)は低分子ヘパリンの一つである。他の低分子ヘパリン同様、深部静脈血栓症及び肺塞栓症の予防及び治療に用いられる。2003年に公表されたCLOT臨床試験では、悪性急性の静脈血栓塞栓症患者の血栓形成減少についてワルファリンよりも有効である事が示された。ダルテパリンの血栓予防効果は非低分子ヘパリンと比較して勝らない。ヘパリンは腎臓から排泄されるが、ダルテパリンは腎機能が低下している場合でも血中濃度が上昇しない。
rdfs:label
  • ダルテパリン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of