Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダニエル・エドガー・シックルズ(英:Daniel Sickles、1819年10月20日-1914年5月3日)は、話題と議論の多いアメリカ合衆国の政治家、外交官であり、南北戦争のときは北軍の将軍だった。南北戦争前のニューヨーク州政治家としてシックルズは数多くの公的スキャンダルに巻き込まれたが、最も有名なものは妻の愛人でフランシス・スコット・キーの息子のフィリップ・バートン・キーを殺害したことである。その裁判ではアメリカ史の中で弁護に初めて一時的心神喪失を用い、無罪とされた。南北戦争では最も著名な政治家将軍の一人だった。ゲティスバーグの戦いでは、上官の命令に従わずに実際上防御が不可能な陣地にその第3軍団を移動させ、この行動に関する議論は現在でも続いている。その前線での軍歴は足に砲弾を受けたゲティスバーグで終わった。戦後、シックルズはレコンストラクション中の軍政府を指揮し、在スペインアメリカ合衆国特命全権公使となり、最後はアメリカ合衆国議会に復帰し、ゲティスバーグの戦場跡保存のために重要な法制化に貢献を果たした。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1671431 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58704906 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:align
  • right
prop-ja:allegiance
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:caption
  • ダニエル・エドガー・シックルズ将軍
prop-ja:commands
  • ポトマック軍第3軍団
prop-ja:laterwork
  • 在スペインアメリカ合衆国特命全権公使
  • アメリカ合衆国下院議員、
prop-ja:lived
  • --10-20
prop-ja:mausoleum
prop-ja:name
  • ダニエル・エドガー・シックルズDaniel Edgar Sickles
prop-ja:placeofbirth
  • ニューヨーク州ニューヨーク市
prop-ja:placeofdeath
  • ニューヨーク州ニューヨーク市
prop-ja:quote
  • "「貴方はここに夫婦の契りの価値を定めた。」と陪席弁護人ジョン・グラハムは叫んだ。その弁護はオセロ、ユダヤの歴史およびローマ法からの引用が詰め込まれ、2日間にわたって続き、後には本にまでなった。
prop-ja:rank
prop-ja:serviceyears
  • 1861 (xsd:integer)
prop-ja:source
  • タイム article, "Yankee King of Spain", June 18, 1945
prop-ja:title
prop-ja:width
  • 35.0
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1869 (xsd:integer)
  • --02-05
  • --06-03
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ダニエル・エドガー・シックルズ(英:Daniel Sickles、1819年10月20日-1914年5月3日)は、話題と議論の多いアメリカ合衆国の政治家、外交官であり、南北戦争のときは北軍の将軍だった。南北戦争前のニューヨーク州政治家としてシックルズは数多くの公的スキャンダルに巻き込まれたが、最も有名なものは妻の愛人でフランシス・スコット・キーの息子のフィリップ・バートン・キーを殺害したことである。その裁判ではアメリカ史の中で弁護に初めて一時的心神喪失を用い、無罪とされた。南北戦争では最も著名な政治家将軍の一人だった。ゲティスバーグの戦いでは、上官の命令に従わずに実際上防御が不可能な陣地にその第3軍団を移動させ、この行動に関する議論は現在でも続いている。その前線での軍歴は足に砲弾を受けたゲティスバーグで終わった。戦後、シックルズはレコンストラクション中の軍政府を指揮し、在スペインアメリカ合衆国特命全権公使となり、最後はアメリカ合衆国議会に復帰し、ゲティスバーグの戦場跡保存のために重要な法制化に貢献を果たした。
rdfs:label
  • ダニエル・シックルズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of