Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダッハウ (Dachau) はドイツ連邦共和国の都市。バイエルン州に属する。人口は約4万人(2003年末)。第二次世界大戦中にユダヤ人強制収容所であるダッハウ強制収容所が近郊に作られた。大都市ミュンヘンに近く、南東へ20キロたらずで到達する。40キロほど西にアウクスブルクがある。文献上では、9世紀初頭よりダッハウの存在が確認できる。近代にいたるまで小規模な街だった。1933年にナチス政権が成立すると、強制収容所が設置され多くの人々の命を奪った。収容所では毒ガスによる殺害が行なわれたという証言が多々あったが、近年の科学的な調査によりガス室の存在は否定されている。また、ダッハウの強制収容所はアメリカ軍の日系人部隊(第442連隊戦闘団)によって解放されているが、その事実は1992年まで隠蔽され続けた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 296631 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2557 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51495474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ダッハウ (Dachau) はドイツ連邦共和国の都市。バイエルン州に属する。人口は約4万人(2003年末)。第二次世界大戦中にユダヤ人強制収容所であるダッハウ強制収容所が近郊に作られた。大都市ミュンヘンに近く、南東へ20キロたらずで到達する。40キロほど西にアウクスブルクがある。文献上では、9世紀初頭よりダッハウの存在が確認できる。近代にいたるまで小規模な街だった。1933年にナチス政権が成立すると、強制収容所が設置され多くの人々の命を奪った。収容所では毒ガスによる殺害が行なわれたという証言が多々あったが、近年の科学的な調査によりガス室の存在は否定されている。また、ダッハウの強制収容所はアメリカ軍の日系人部隊(第442連隊戦闘団)によって解放されているが、その事実は1992年まで隠蔽され続けた。
rdfs:label
  • ダッハウ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:birthPlace of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:死没地 of
is foaf:primaryTopic of