Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダガー(dagger)とは全長10~30cm程度(使用者の前腕の長さと同程度が望ましいとされる)の諸刃の短剣。フランス語ではダグ(dague)、ドイツ語ではドルヒ(dolch)、ポルトガル語ではアダガ(adaga)と呼ばれる。なお日本では2008年の通り魔事件(後述)を契機に「ダガーナイフ」という呼び名が報道を中心に多用されているが、ナイフは汎用の刃物一般で、ダガーは武器としての刃物の形質を示すため、本項で扱われている短剣を示す場合には、単に「ダガー」と呼ぶのが正しい。しかしダガーは一般に馴染みのない器物のため、大きさの類似からしばしばナイフと同一視される。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 34022 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 78 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58665962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ダガー(dagger)とは全長10~30cm程度(使用者の前腕の長さと同程度が望ましいとされる)の諸刃の短剣。フランス語ではダグ(dague)、ドイツ語ではドルヒ(dolch)、ポルトガル語ではアダガ(adaga)と呼ばれる。なお日本では2008年の通り魔事件(後述)を契機に「ダガーナイフ」という呼び名が報道を中心に多用されているが、ナイフは汎用の刃物一般で、ダガーは武器としての刃物の形質を示すため、本項で扱われている短剣を示す場合には、単に「ダガー」と呼ぶのが正しい。しかしダガーは一般に馴染みのない器物のため、大きさの類似からしばしばナイフと同一視される。
rdfs:label
  • ダガー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is prop-ja:武器銘 of
is foaf:primaryTopic of