Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • DB600は、第二次世界大戦中に製造されたドイツの航空機用レシプロエンジンである。ダイムラー・ベンツが開発し、メッサーシュミット Bf110やハインケル He111に搭載された液冷式倒立V型12気筒エンジンで、燃料直接噴射を取り入れたダイムラー・ベンツ DB 601などに発展した結果、大戦中に使用された大部分のエンジンがこれを基礎にして製造されたDB 600シリーズであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1171333 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 777 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54111933 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • DB600は、第二次世界大戦中に製造されたドイツの航空機用レシプロエンジンである。ダイムラー・ベンツが開発し、メッサーシュミット Bf110やハインケル He111に搭載された液冷式倒立V型12気筒エンジンで、燃料直接噴射を取り入れたダイムラー・ベンツ DB 601などに発展した結果、大戦中に使用された大部分のエンジンがこれを基礎にして製造されたDB 600シリーズであった。
rdfs:label
  • ダイムラー・ベンツ DB 600
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:エンジン名(プロペラ)_ of
is foaf:primaryTopic of