Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダイゼイン(英: daidzein)は、イソフラボンの一種。ダイゼインやゲニステインのような他のイソフラボン化合物は、タイのプエラリア、クズのような植物やハーブに存在しており、ダイズや豆腐や植物性タンパク質大豆製品のような食品にも存在している。大豆イソフラボンは、ダイズから発見され抽出された化合物群である。抗酸化作用に加えて、多くのイソフラボンは、動物とヒトのエストロゲン受容体に作用することが知られており、それゆえフィトエストロゲンとして知られている。大豆イソフラボンは、非ホルモン作用も有する。
dbpedia-owl:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • 7-Hydroxy-3-(4-hydroxyphenyl) chromen-4-one
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2275464 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47345513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • Daidzein.svg
prop-ja:imagesize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • 240.0
  • Daidzeol
  • Isoaurostatin
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ダイゼイン(英: daidzein)は、イソフラボンの一種。ダイゼインやゲニステインのような他のイソフラボン化合物は、タイのプエラリア、クズのような植物やハーブに存在しており、ダイズや豆腐や植物性タンパク質大豆製品のような食品にも存在している。大豆イソフラボンは、ダイズから発見され抽出された化合物群である。抗酸化作用に加えて、多くのイソフラボンは、動物とヒトのエストロゲン受容体に作用することが知られており、それゆえフィトエストロゲンとして知られている。大豆イソフラボンは、非ホルモン作用も有する。
rdfs:label
  • ダイゼイン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Daidzeol
  • Isoaurostatin
  • 4',7-Dihydroxyisoflavone
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of