ダイコン(大根、学名:Raphanus sativus var. hortensis)は、アブラナ科ダイコン属の越年草で、野菜として広く栽培される。地中海または中央アジアの地域が原産といわれており、日本、中国、ヨーロッパなど各地で主に肥大した根を食用とするほか、葉も食材となり、種子から油を採ることもある。緑黄色野菜でもあり、淡色野菜でもある。多くの品種があり、根の長さ・太さなどの形状が多様。また皮の色も白以外に赤、緑、紫、黄、黒などがあり、地域によっては白よりも普通である。 日本においても品種・調理法とも豊富であり、世界一大きくて重い桜島大根、世界一長い守口ダイコンなどの種類があり、日本人の食卓(鍋料理・おでん等)には欠かすことのできない野菜となっている。葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料として使われる。汁はビタミンCやジアスターゼを多く含む。 野菜としての位置づけにおいては、春の七草の一つ「すずしろ」であり、薬味や煮込み料理にも使われるなど、利用の幅は広い。薬草であり、消化酵素を持ち、血栓防止作用や解毒作用がある。

Property Value
dbo:abstract
  • ダイコン(大根、学名:Raphanus sativus var. hortensis)は、アブラナ科ダイコン属の越年草で、野菜として広く栽培される。地中海または中央アジアの地域が原産といわれており、日本、中国、ヨーロッパなど各地で主に肥大した根を食用とするほか、葉も食材となり、種子から油を採ることもある。緑黄色野菜でもあり、淡色野菜でもある。多くの品種があり、根の長さ・太さなどの形状が多様。また皮の色も白以外に赤、緑、紫、黄、黒などがあり、地域によっては白よりも普通である。 日本においても品種・調理法とも豊富であり、世界一大きくて重い桜島大根、世界一長い守口ダイコンなどの種類があり、日本人の食卓(鍋料理・おでん等)には欠かすことのできない野菜となっている。葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料として使われる。汁はビタミンCやジアスターゼを多く含む。 野菜としての位置づけにおいては、春の七草の一つ「すずしろ」であり、薬味や煮込み料理にも使われるなど、利用の幅は広い。薬草であり、消化酵素を持ち、血栓防止作用や解毒作用がある。 (ja)
  • ダイコン(大根、学名:Raphanus sativus var. hortensis)は、アブラナ科ダイコン属の越年草で、野菜として広く栽培される。地中海または中央アジアの地域が原産といわれており、日本、中国、ヨーロッパなど各地で主に肥大した根を食用とするほか、葉も食材となり、種子から油を採ることもある。緑黄色野菜でもあり、淡色野菜でもある。多くの品種があり、根の長さ・太さなどの形状が多様。また皮の色も白以外に赤、緑、紫、黄、黒などがあり、地域によっては白よりも普通である。 日本においても品種・調理法とも豊富であり、世界一大きくて重い桜島大根、世界一長い守口ダイコンなどの種類があり、日本人の食卓(鍋料理・おでん等)には欠かすことのできない野菜となっている。葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料として使われる。汁はビタミンCやジアスターゼを多く含む。 野菜としての位置づけにおいては、春の七草の一つ「すずしろ」であり、薬味や煮込み料理にも使われるなど、利用の幅は広い。薬草であり、消化酵素を持ち、血栓防止作用や解毒作用がある。 (ja)
dbo:class
dbo:colourName
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
dbo:division
dbo:family
dbo:genus
dbo:kingdom
dbo:order
dbo:phylum
dbo:synonym
  • *
  • *ex
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3145 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26282 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81402831 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:calciumMg
  • 24 (xsd:integer)
prop-ja:carbs
  • 4.1
prop-ja:copperMg
  • 0.020000 (xsd:double)
prop-ja:date
  • 2020 (xsd:integer)
  • 20120117152758 (xsd:decimal)
  • 20170517073707 (xsd:decimal)
prop-ja:fat
  • 0.1
prop-ja:fiber
  • 1.4
prop-ja:folateUg
  • 34 (xsd:integer)
prop-ja:ironMg
  • 0.200000 (xsd:double)
prop-ja:kj
  • 75 (xsd:integer)
prop-ja:magnesiumMg
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:manganeseMg
  • 0.040000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • だいこん 根 皮つき 生 (ja)
  • だいこん 根 皮つき 生 (ja)
prop-ja:niacinMg
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:note
  • 廃棄部位: 根端及び葉柄基部 (ja)
  • 廃棄部位: 根端及び葉柄基部 (ja)
prop-ja:opt1n
prop-ja:opt1v
  • 0.5
prop-ja:opt2n
prop-ja:opt2v
  • 0.9
prop-ja:opt3n
prop-ja:opt3v
  • 0.300000 (xsd:double)
prop-ja:opt4n
prop-ja:opt4v
  • 0.1
prop-ja:pantothenicMg
  • 0.120000 (xsd:double)
prop-ja:phosphorusMg
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:polyfat
  • 0.02
prop-ja:potassiumMg
  • 230 (xsd:integer)
prop-ja:protein
  • 0.5
prop-ja:riboflavinMg
  • 0.010000 (xsd:double)
prop-ja:right
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:satfat
  • 0.01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:seleniumUg
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sodiumMg
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:thiaminMg
  • 0.020000 (xsd:double)
prop-ja:title
  • ダイコンコンソーシアムを発展させた鹿児島モデル(文部科学省コアスーパーサイエンスハイスクール事業) (ja)
  • ダイコンコンソーシアムを発展させた鹿児島モデル(文部科学省コアスーパーサイエンスハイスクール事業) (ja)
prop-ja:url
prop-ja:vitb6Mg
  • 0.040000 (xsd:double)
prop-ja:vitcMg
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:water
  • 94.6
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zincMg
  • 0.200000 (xsd:double)
prop-ja:シノニム
  • * ex * (ja)
  • * ex * (ja)
prop-ja:亜綱階級なし
  • バラ類 (ja)
  • バラ類 (ja)
prop-ja:分類体系
prop-ja:名称
  • ダイコン (ja)
  • ダイコン (ja)
prop-ja:学名
  • (標準) (ja)
  • (標準) (ja)
prop-ja:
  • ダイコン属 Raphanus (ja)
  • ダイコン属 Raphanus (ja)
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • アオクビダイコン (ja)
  • アオクビダイコン (ja)
prop-ja:
prop-ja:
  • アブラナ目 (ja)
  • アブラナ目 (ja)
prop-ja:
  • アブラナ科 Brassicaceae (ja)
  • アブラナ科 Brassicaceae (ja)
prop-ja:
  • ダイコン R. sativus (ja)
  • ダイコン R. sativus (ja)
prop-ja:綱階級なし
  • 真正双子葉類 (ja)
  • 真正双子葉類 (ja)
prop-ja:
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
prop-ja:英名
  • Daikon (ja)
  • Japanese radish (ja)
  • Mooli (ja)
  • Daikon (ja)
  • Japanese radish (ja)
  • Mooli (ja)
prop-ja:門階級なし
  • 被子植物 (ja)
  • 被子植物 (ja)
dc:description
  • アオクビダイコン
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ダイコン(大根、学名:Raphanus sativus var. hortensis)は、アブラナ科ダイコン属の越年草で、野菜として広く栽培される。地中海または中央アジアの地域が原産といわれており、日本、中国、ヨーロッパなど各地で主に肥大した根を食用とするほか、葉も食材となり、種子から油を採ることもある。緑黄色野菜でもあり、淡色野菜でもある。多くの品種があり、根の長さ・太さなどの形状が多様。また皮の色も白以外に赤、緑、紫、黄、黒などがあり、地域によっては白よりも普通である。 日本においても品種・調理法とも豊富であり、世界一大きくて重い桜島大根、世界一長い守口ダイコンなどの種類があり、日本人の食卓(鍋料理・おでん等)には欠かすことのできない野菜となっている。葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料として使われる。汁はビタミンCやジアスターゼを多く含む。 野菜としての位置づけにおいては、春の七草の一つ「すずしろ」であり、薬味や煮込み料理にも使われるなど、利用の幅は広い。薬草であり、消化酵素を持ち、血栓防止作用や解毒作用がある。 (ja)
  • ダイコン(大根、学名:Raphanus sativus var. hortensis)は、アブラナ科ダイコン属の越年草で、野菜として広く栽培される。地中海または中央アジアの地域が原産といわれており、日本、中国、ヨーロッパなど各地で主に肥大した根を食用とするほか、葉も食材となり、種子から油を採ることもある。緑黄色野菜でもあり、淡色野菜でもある。多くの品種があり、根の長さ・太さなどの形状が多様。また皮の色も白以外に赤、緑、紫、黄、黒などがあり、地域によっては白よりも普通である。 日本においても品種・調理法とも豊富であり、世界一大きくて重い桜島大根、世界一長い守口ダイコンなどの種類があり、日本人の食卓(鍋料理・おでん等)には欠かすことのできない野菜となっている。葉はビタミンAを多く含み、青汁の原料として使われる。汁はビタミンCやジアスターゼを多く含む。 野菜としての位置づけにおいては、春の七草の一つ「すずしろ」であり、薬味や煮込み料理にも使われるなど、利用の幅は広い。薬草であり、消化酵素を持ち、血栓防止作用や解毒作用がある。 (ja)
rdfs:label
  • ダイコン (ja)
  • ダイコン (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ダイコン (ja)
  • Daikon (ja)
  • Japanese radish (ja)
  • Mooli (ja)
  • ダイコン (ja)
  • Daikon (ja)
  • Japanese radish (ja)
  • Mooli (ja)
is dbo:species of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainIngredient of
is prop-ja:モチーフ of
is prop-ja:画像キャプション of
is foaf:primaryTopic of