Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダイクロマティズム(英: dichromatism)あるいはポリクロマティズム(英: polychromatism)とは物体や溶液の色相が色素の濃度や物体・溶液の厚さ(光路長)に依存して変化する現象である。ダイクロマティズムを示さない物質の場合には、色素濃度や物体の厚さが変化しても色相は変化せず明度と彩度のみが変化する。ただしこの場合も人間が微妙な色相の変化を感知出来ないだけであり、実在する色素の場合必ずダイクロマティズムは起きると言える。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3222643 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1924 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55656426 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ダイクロマティズム(英: dichromatism)あるいはポリクロマティズム(英: polychromatism)とは物体や溶液の色相が色素の濃度や物体・溶液の厚さ(光路長)に依存して変化する現象である。ダイクロマティズムを示さない物質の場合には、色素濃度や物体の厚さが変化しても色相は変化せず明度と彩度のみが変化する。ただしこの場合も人間が微妙な色相の変化を感知出来ないだけであり、実在する色素の場合必ずダイクロマティズムは起きると言える。
rdfs:label
  • ダイクロマティズム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of