Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ダイオード(英語:diode)は整流作用(電流を一定方向にしか流さない作用)を持つ電子素子である。最初のダイオードは2極真空管で、後に半導体素子である半導体ダイオードが開発された。今日では単にダイオードと言えば、通常、半導体ダイオードを指す。1919年、イギリスの物理学者 William Henry Eccles がギリシア語の di = '2'と 英語の electrode = '電極' の語尾を合わせて造語した。 ファイル:Logic Diode.pngダイオードの電子回路図上表記1:アノード 2:カソード
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 24274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58056198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ダイオード(英語:diode)は整流作用(電流を一定方向にしか流さない作用)を持つ電子素子である。最初のダイオードは2極真空管で、後に半導体素子である半導体ダイオードが開発された。今日では単にダイオードと言えば、通常、半導体ダイオードを指す。1919年、イギリスの物理学者 William Henry Eccles がギリシア語の di = '2'と 英語の electrode = '電極' の語尾を合わせて造語した。 ファイル:Logic Diode.pngダイオードの電子回路図上表記1:アノード 2:カソード
rdfs:label
  • ダイオード
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of