Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タ弾(タだん)は、次の2つの意味を持つ。大日本帝国陸軍が開発した銃器および火砲用の対戦車用成形炸薬弾の秘匿名称。大日本帝国陸軍および海軍が開発した航空機搭載型の空対空・空対地クラスター爆弾に内蔵された成形炸薬弾頭をもつ子弾の秘匿名称。本項目では両方について概述する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 571275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55570367 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
prop-ja:caption
  • 不貫通だった徹甲弾の命中孔。射距離100mで約50㎜の装甲貫通力ではマチルダII歩兵戦車の75㎜厚装甲を貫通出来なかった。
  • マチルダII歩兵戦車の操縦席付近。車内まで貫通した成形炸薬弾の貫通孔が確認できる。
  • マチルダII歩兵戦車の操縦席付近の車内側。車内まで貫通した成形炸薬弾の貫通孔が確認できる。
  • マチルダII歩兵戦車の車体正面には成形炸薬弾及び徹甲弾の命中孔が確認できる。
  • 豪州陸軍による鹵獲された四一式山砲の射撃試験。射距離150ヤードからマチルダII歩兵戦車の車体正面を射撃。
  • 不貫通だった成形炸薬弾の命中孔。
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:image
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_01.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_02.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_03.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_04.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_05.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_06.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_07.jpg
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • タ弾(タだん)は、次の2つの意味を持つ。大日本帝国陸軍が開発した銃器および火砲用の対戦車用成形炸薬弾の秘匿名称。大日本帝国陸軍および海軍が開発した航空機搭載型の空対空・空対地クラスター爆弾に内蔵された成形炸薬弾頭をもつ子弾の秘匿名称。本項目では両方について概述する。
rdfs:label
  • タ弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of