Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タンネンベルクの戦い(タンネンベルクのたたかい、Schlacht bei Tannenberg)は、第一次世界大戦が勃発した1914年に生起した、第一次世界大戦におけるドイツ帝国とロシア帝国間の最初の戦いである。1914年8月17日から9月2日にかけて、ロシア軍の第1軍(6個師団半と騎兵5個師団)・第2軍(10個師団と騎兵3個師団)と、ドイツ軍の第8軍(7個師団と騎兵1個師団)によってドイツ領内の東プロイセンのタンネンベルク周辺で戦われた。ロシア軍の兵力はドイツ軍の2倍以上であったが、この戦いの結果、ロシア第2軍は東プロイセンで包囲殲滅され、残ったロシア第1軍はロシア領内への撤退を余儀なくされた。この戦いで注目すべきは、ドイツ軍が鉄道を利用して素早く大量の兵力を移動させ、ドイツの1個軍が、それぞれ自軍の兵力を上回るロシアの2個軍の各個撃破に成功したことである。なおこの戦いが実際に行われたのはオルシュティンの近くであったが、ルーデンドルフの補佐官であったホフマン大佐の提案によって1410年のタンネンベルクの戦いにちなんで名付けられたものである。歴史的な戦いとは直接の関連こそなかったものの、ドイツ人とロシア人、ゲルマン民族とスラヴ民族のナショナリズムを高めるための物語として使われた。
dbpedia-owl:casualties
  • 20000 (xsd:integer)
  • 78000 (xsd:integer)
  • 92000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:description
  • タンネンベルクの戦いのヒンデンブルクとルーデンドルフ
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • ドイツの勝利
dbpedia-owl:strength
  • 150,000(ドイツ第8軍)
  • 416,000(総兵力)
  • 210,000(ロシア第1軍) 206,000(ロシア第2軍) 
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 57626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7665 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59078176 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • タンネンベルクの戦い
prop-ja:caption
  • タンネンベルクの戦いのヒンデンブルクとルーデンドルフ
prop-ja:casualties
  • 20000 (xsd:integer)
  • 捕虜92,000
  • 死傷78,000
prop-ja:colourScheme
  • background:#cccccc
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --08-17
prop-ja:place
  • タンネンベルク付近(現在のポーランドオルシュティン近郊)
prop-ja:result
  • ドイツの勝利
prop-ja:strength
  • 150000 (xsd:integer)
  • 210000 (xsd:integer)
  • 416000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • タンネンベルクの戦い(タンネンベルクのたたかい、Schlacht bei Tannenberg)は、第一次世界大戦が勃発した1914年に生起した、第一次世界大戦におけるドイツ帝国とロシア帝国間の最初の戦いである。1914年8月17日から9月2日にかけて、ロシア軍の第1軍(6個師団半と騎兵5個師団)・第2軍(10個師団と騎兵3個師団)と、ドイツ軍の第8軍(7個師団と騎兵1個師団)によってドイツ領内の東プロイセンのタンネンベルク周辺で戦われた。ロシア軍の兵力はドイツ軍の2倍以上であったが、この戦いの結果、ロシア第2軍は東プロイセンで包囲殲滅され、残ったロシア第1軍はロシア領内への撤退を余儀なくされた。この戦いで注目すべきは、ドイツ軍が鉄道を利用して素早く大量の兵力を移動させ、ドイツの1個軍が、それぞれ自軍の兵力を上回るロシアの2個軍の各個撃破に成功したことである。なおこの戦いが実際に行われたのはオルシュティンの近くであったが、ルーデンドルフの補佐官であったホフマン大佐の提案によって1410年のタンネンベルクの戦いにちなんで名付けられたものである。歴史的な戦いとは直接の関連こそなかったものの、ドイツ人とロシア人、ゲルマン民族とスラヴ民族のナショナリズムを高めるための物語として使われた。
rdfs:label
  • タンネンベルクの戦い (1914年)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • タンネンベルクの戦い
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of