Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タルテッソス(ギリシア語: Τάρτησσος, ラテン語: Tartessus)は、現在のスペイン南部アンダルシア地方のグアダルキビール川河口近くに存在したとされる古代王国である。古代(紀元前5世紀)の歴史家ヘロドトスの『歴史』、1世紀のプリニウス(大プリニウス)の『博物誌』に引用された1世紀のストラボンの『地理誌』の記述(紀元前4世紀のピュテアスの伝聞)、タルテッソスの絶滅後ではあるが4世紀のアヴィエヌスの紀行記『Ora maritima』に見られる。タルテッソス人は、“錫の島”との交易を独占していた。紀元前8世紀、フェニキア人と組み、盛んに交易をしていた。ヘロドトスなどギリシアの古代史家は、タルテッソスの伝説上の王「アルガントニオス」が常人を遥かに超える長命を誇っていたとしている。タルテッソスで話されていた言語はタルテッソス語であった。墓に書いてある文が前述の言語だと考えられている。ストラボンによると、6000年以上になる法律があったそうである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1701286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 864 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58162932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • タルテッソス(ギリシア語: Τάρτησσος, ラテン語: Tartessus)は、現在のスペイン南部アンダルシア地方のグアダルキビール川河口近くに存在したとされる古代王国である。古代(紀元前5世紀)の歴史家ヘロドトスの『歴史』、1世紀のプリニウス(大プリニウス)の『博物誌』に引用された1世紀のストラボンの『地理誌』の記述(紀元前4世紀のピュテアスの伝聞)、タルテッソスの絶滅後ではあるが4世紀のアヴィエヌスの紀行記『Ora maritima』に見られる。タルテッソス人は、“錫の島”との交易を独占していた。紀元前8世紀、フェニキア人と組み、盛んに交易をしていた。ヘロドトスなどギリシアの古代史家は、タルテッソスの伝説上の王「アルガントニオス」が常人を遥かに超える長命を誇っていたとしている。タルテッソスで話されていた言語はタルテッソス語であった。墓に書いてある文が前述の言語だと考えられている。ストラボンによると、6000年以上になる法律があったそうである。
rdfs:label
  • タルテッソス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of