Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タフリング(英: tuff ring)もしくはタフコーン(英: tuff cone、凝灰岩丘)とは、火山の噴火などのさいに、爆発的な噴火によって生じた火口のことである。マグマの通り道である火道が浅水域や地下水が潤沢な場所に開いた場合、そこではマグマに熱せられて水が激しく沸騰し、マグマ水蒸気爆発という爆発的噴火が起きやすくなる。具体的にどのような場所で起きやすいかといえば、湖の中、沿岸域、沼、沼地などの水面、もしくは湿地などの地下水に富んだ場所になる。浅所でのほぼ円形の輪郭で周辺に顕著な堆積物の丘をもたないもので火口の直径に対して火口縁の高さがあまりないもののうち、火口底が地下水面より高くて乾いているときにタフリングということが多い。タフコーンはただ単にタフリングの高くなったものにすぎない。水が溜まっている場合はマールという。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 935469 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2068 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47388652 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • タフリング(英: tuff ring)もしくはタフコーン(英: tuff cone、凝灰岩丘)とは、火山の噴火などのさいに、爆発的な噴火によって生じた火口のことである。マグマの通り道である火道が浅水域や地下水が潤沢な場所に開いた場合、そこではマグマに熱せられて水が激しく沸騰し、マグマ水蒸気爆発という爆発的噴火が起きやすくなる。具体的にどのような場所で起きやすいかといえば、湖の中、沿岸域、沼、沼地などの水面、もしくは湿地などの地下水に富んだ場所になる。浅所でのほぼ円形の輪郭で周辺に顕著な堆積物の丘をもたないもので火口の直径に対して火口縁の高さがあまりないもののうち、火口底が地下水面より高くて乾いているときにタフリングということが多い。タフコーンはただ単にタフリングの高くなったものにすぎない。水が溜まっている場合はマールという。
rdfs:label
  • タフリング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of