Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タドラルト・アカクス(تدرارت عكاكس)は、サハラの一部にあたるリビア西部の砂漠地帯。アルジェリア国境に近く、ガット (Ghat) の町にも近い。「タドラルト」は現地の言葉で「山」を意味する。この地域の特色は先史時代の岩絵が多数現存していることであり、「タドラルト・アカクスの岩絵遺跡群」の名でユネスコの世界遺産にも登録されている。アカクスの景観は砂丘、アーチ状岩石、峡谷、山と変化に富んでいる。主要なランドマークはAfzejareのアーチとTin Khlegaのアーチである。この一帯はサハラの中でも最も不毛な地域のひとつだが、植生が見られないわけではない。
dbpedia-owl:id
  • 287
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1005214 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58397715 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:country
  • リビア
prop-ja:enName
  • Rock-Art Sites of Tadrart Acacus
prop-ja:frName
  • Sites rupestres du Tadrart Acacus
prop-ja:jaName
  • タドラルト・アカクスの
  • 岩絵遺跡群
prop-ja:mapImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:rgYear
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:siteImg
  • Image:Tadrart Acacus 1.jpg
prop-ja:siteImgCapt
  • タドラルト・アカクスの岩絵
prop-ja:siteImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:urlNo
  • 287 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 24.833333333333332 10.333333333333334
rdf:type
rdfs:comment
  • タドラルト・アカクス(تدرارت عكاكس)は、サハラの一部にあたるリビア西部の砂漠地帯。アルジェリア国境に近く、ガット (Ghat) の町にも近い。「タドラルト」は現地の言葉で「山」を意味する。この地域の特色は先史時代の岩絵が多数現存していることであり、「タドラルト・アカクスの岩絵遺跡群」の名でユネスコの世界遺産にも登録されている。アカクスの景観は砂丘、アーチ状岩石、峡谷、山と変化に富んでいる。主要なランドマークはAfzejareのアーチとTin Khlegaのアーチである。この一帯はサハラの中でも最も不毛な地域のひとつだが、植生が見られないわけではない。
rdfs:label
  • タドラルト・アカクス
owl:sameAs
geo:lat
  • 24.833334 (xsd:float)
geo:long
  • 10.333333 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Rock-Art Sites of Tadrart Acacus
  • Sites rupestres du Tadrart Acacus
  • タドラルト・アカクスの
  • 岩絵遺跡群
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of