Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • カシオ・タッグ将軍(General Cassio Tagge)は、『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の人物。エピソード4の新たなる希望に登場。演じたのはドン・ヘンダーソン ( Don Henderson)。帝国軍の最終兵器デス・スターの防衛司令官として最高司令官ターキン総督を補佐していた軍人。映画の中ではデス・スターの会議場においてモッティ提督と口論を行うシーンで姿を見せる。軍事・政治いずれでも慎重派であり、デス・スターの設計図が反乱同盟軍に渡ったことに強い危惧を抱いて警鐘を鳴らしており、またデス・スターに致命的な弱点があることを発見していた。パルパティーン皇帝が元老院を無期限に解散したことにも疑問の声を上げた。しかし、戦闘指揮官としてはあまり有能ではなかったらしく、ヤヴィンの戦いにおいては自軍の砲撃手をアルファベット順にならべて不統一な砲撃をさせるという愚策を犯し、敗戦の一因をつくってしまった人物という。おり
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1480007 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 979 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58858610 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • カシオ・タッグ将軍(General Cassio Tagge)は、『スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の人物。エピソード4の新たなる希望に登場。演じたのはドン・ヘンダーソン ( Don Henderson)。帝国軍の最終兵器デス・スターの防衛司令官として最高司令官ターキン総督を補佐していた軍人。映画の中ではデス・スターの会議場においてモッティ提督と口論を行うシーンで姿を見せる。軍事・政治いずれでも慎重派であり、デス・スターの設計図が反乱同盟軍に渡ったことに強い危惧を抱いて警鐘を鳴らしており、またデス・スターに致命的な弱点があることを発見していた。パルパティーン皇帝が元老院を無期限に解散したことにも疑問の声を上げた。しかし、戦闘指揮官としてはあまり有能ではなかったらしく、ヤヴィンの戦いにおいては自軍の砲撃手をアルファベット順にならべて不統一な砲撃をさせるという愚策を犯し、敗戦の一因をつくってしまった人物という。おり
rdfs:label
  • タッグ将軍
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of