Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タカネヤハズハハコ(高嶺矢筈母子、学名:Anaphalis alpicola Makino)とはキク科ヤマハハコ属の多年草。高山植物。姿がウスユキソウに似ていることから、別名でタカネウスユキソウとも呼ばれるが、ウスユキソウ属ではなくヤマハハコ属という別のグループに属する。分布域は本州中部以北〜北海道の高山帯。湿った草地などに生育する。高さ10〜12cm。葉は互生で長さ4〜6cm、灰白色の綿毛が覆っている。花期は8月。白色で下部が淡紅色の花をつける。
dbpedia-owl:binomial
dbpedia-owl:family
dbpedia-owl:genus
dbpedia-owl:order
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 665829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1086 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47658695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亜科
  • キク亜科
prop-ja:名称
  • タカネヤハズハハコ
prop-ja:和名
  • タカネヤハズハハコ、タカネウスユキソウ
prop-ja:学名
  • (Makino)
prop-ja:
  • ヤマハハコ属
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:
  • キク目
prop-ja:省略
  • 双子葉植物綱
prop-ja:
  • キク科
prop-ja:
  • タカネヤハズハハコ Anaphalis alpicola
dc:description
  • 2010年8月、北アルプス白馬岳
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • タカネヤハズハハコ(高嶺矢筈母子、学名:Anaphalis alpicola Makino)とはキク科ヤマハハコ属の多年草。高山植物。姿がウスユキソウに似ていることから、別名でタカネウスユキソウとも呼ばれるが、ウスユキソウ属ではなくヤマハハコ属という別のグループに属する。分布域は本州中部以北〜北海道の高山帯。湿った草地などに生育する。高さ10〜12cm。葉は互生で長さ4〜6cm、灰白色の綿毛が覆っている。花期は8月。白色で下部が淡紅色の花をつける。
rdfs:label
  • タカネヤハズハハコ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 双子葉植物綱
  • タカネヤハズハハコ、タカネウスユキソウ
  • タカネヤハズハハコ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of