Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タウニュートリノ (tauon neutrino) は、素粒子標準模型における第三世代のニュートリノである。レプトンの三世代構造において、同じく第三世代の荷電レプトンであるタウ粒子と対をなすため、タウニュートリノと名付けられた。1974年から1977年にマーチン・パールらSLAC国立加速器研究所、ローレンス・バークレー国立研究所による一連の研究でタウ粒子が発見されるとすぐにその存在が理論的に予測され、2000年7月にDONUTによって初めて検出された。ニュートリノとしては、3番目に発見された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 34234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2344 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53504416 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:グループ
prop-ja:世代
  • 第三世代
prop-ja:反粒子
  • 反タウニュートリノ
prop-ja:名前
  • タウニュートリノ
prop-ja:弱アイソスピン
prop-ja:弱超電荷
prop-ja:発見
prop-ja:相互作用
  • 弱い相互作用重力相互作用
prop-ja:組成
prop-ja:統計
prop-ja:色荷
  • 持たない
prop-ja:質量
  • 非ゼロだが、非常に小さい(ニュートリノ質量.)
prop-ja:電荷
  • 0 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • タウニュートリノ (tauon neutrino) は、素粒子標準模型における第三世代のニュートリノである。レプトンの三世代構造において、同じく第三世代の荷電レプトンであるタウ粒子と対をなすため、タウニュートリノと名付けられた。1974年から1977年にマーチン・パールらSLAC国立加速器研究所、ローレンス・バークレー国立研究所による一連の研究でタウ粒子が発見されるとすぐにその存在が理論的に予測され、2000年7月にDONUTによって初めて検出された。ニュートリノとしては、3番目に発見された。
rdfs:label
  • タウニュートリノ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of