Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タイプライター(The Typewriter)は、ルロイ・アンダーソンが1950年に作曲した管弦楽曲。初演は1950年、ボストン・ポップス・オーケストラによる。ルロイ・アンダーソンの最も有名な作品のひとつで、タイプライターが楽器として、キーをタイプする音、タイプ部分がある程度右側に近づくと「チーン」と鳴るベル音、1行打ち込んだ後で紙を固定するシリンダー(キャリッジ)を次の行の先頭に戻す(キャリッジ・リターン)レバー操作とそれに伴う作動音が使用されている。独立した「Typewriter」と言うパートが有り、楽譜も個別に存在している。実際にタイプライターを用いることもあるが、ベル音やキャリッジ・リターンレバー操作音はトライアングルやギロで代用されることもある。作品で、仕事に追われ、忙しいオフィスの情景をユーモラスに描写したものである。現在もコンサートなどで多く演奏されるが、CMやBGMでも使用されることもある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1723959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 678 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50436181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • タイプライター(The Typewriter)は、ルロイ・アンダーソンが1950年に作曲した管弦楽曲。初演は1950年、ボストン・ポップス・オーケストラによる。ルロイ・アンダーソンの最も有名な作品のひとつで、タイプライターが楽器として、キーをタイプする音、タイプ部分がある程度右側に近づくと「チーン」と鳴るベル音、1行打ち込んだ後で紙を固定するシリンダー(キャリッジ)を次の行の先頭に戻す(キャリッジ・リターン)レバー操作とそれに伴う作動音が使用されている。独立した「Typewriter」と言うパートが有り、楽譜も個別に存在している。実際にタイプライターを用いることもあるが、ベル音やキャリッジ・リターンレバー操作音はトライアングルやギロで代用されることもある。作品で、仕事に追われ、忙しいオフィスの情景をユーモラスに描写したものである。現在もコンサートなどで多く演奏されるが、CMやBGMでも使用されることもある。
rdfs:label
  • タイプライター (アンダーソン)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of