Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『タイタス・アンドロニカス』(Titus Andronicus)は、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の舞台作品。1590年前後に書かれたとされる、最初期の悲劇。シェイクスピア全作品中、最も残虐で暴力に溢れているという点で異質な戯曲であり、そのため最近まで上演される機会も少なかった。だが20世紀後半以降は徐々に上演が増え、近年では2006年にイギリスにて、ロンドンのグローブ座での上演、ストラトフォード・アポン・エイヴォンで行われたRSC主催のフェスティバルに招聘された蜷川幸雄演出版の上演が共に注目を集めた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 678407 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59173092 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『タイタス・アンドロニカス』(Titus Andronicus)は、イギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア作の舞台作品。1590年前後に書かれたとされる、最初期の悲劇。シェイクスピア全作品中、最も残虐で暴力に溢れているという点で異質な戯曲であり、そのため最近まで上演される機会も少なかった。だが20世紀後半以降は徐々に上演が増え、近年では2006年にイギリスにて、ロンドンのグローブ座での上演、ストラトフォード・アポン・エイヴォンで行われたRSC主催のフェスティバルに招聘された蜷川幸雄演出版の上演が共に注目を集めた。
rdfs:label
  • タイタス・アンドロニカス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of