Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タイコンデロガ砦(タイコンデロガとりで、英: Fort Ticonderoga)は、現在のアメリカ合衆国ニューヨーク州ハドソン川峡谷にあるシャンプレーン湖の細くなった南端で、戦略的に重要な場所に作られた18世紀の大きな砦である。七年戦争(アメリカではフレンチ・インディアン戦争)の1754年から1757年の間にフランスが建造し、イギリスとフランスの植民地間抗争では戦略的重要さがあったが、アメリカ独立戦争のときはそれほどの重要さはなかった。タイコンデロガ砦を巡って約20年間に数度の戦いが繰り広げられた。砦の場所はシャンプレーン湖とジョージ湖の間3.5マイル (5.6 km) にある急流の多いラシュート川河口にそって舟運を支配し、イギリスのアメリカ植民地が支配したハドソン川流域とフランスが支配したセントローレンス川流域を結ぶ交易路を戦略的に抑えるものだった。地形がこの場所の重要性を増した。2つの湖は細くて長く、南北に走り、遠く南のジョージア州まで伸びるアパラチア山脈の多くの稜線が、この場所が支配する大アパラチア渓谷のほとんど通過も困難な山がちの地形を東西につくっていた。タイコンデロガの名前はイロコイ族の言葉(tekontaró:ken)で「2つの湖の間の土地」を意味している。1758年のカリヨンの戦いで、4,000名のフランス守備軍がこの砦の近くで16,000名のイギリス軍による攻撃を撃退した。1759年、イギリス軍が戻ってきて、砦を脅かす高地を占領するだけで砦から一握りの守備隊を追い出した。アメリカ独立戦争のとき、イーサン・アレンとベネディクト・アーノルドが指揮するグリーン・マウンテン・ボーイズなど民兵隊が急襲でこの砦を奪取した。アメリカ大陸軍は1777年6月までこの砦を保持したが、ジョン・バーゴイン将軍の指揮するイギリス軍がやはり砦を見下ろす高地を占領して大陸軍を脅かしたので、大陸軍は砦と周辺の防御地から撤退した。砦に対する唯一の直接攻撃は1777年9月のことで、大陸軍の500名を率いたジョン・ブラウンが約100名のイギリス守備隊から砦を奪おうとしたが失敗した。サラトガ方面作戦が失敗した後、イギリス軍はこの砦を放棄し、1781年以降は軍事的価値が無くなった。19世紀には地域観光ルートの1つの目的地になった。20世紀初期にはこれを所有していた民間人が砦を改修した。現在は砦を管理する基金が観光案内、博物館および研究センターを運営している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 933140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30765 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54944611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:added
  • --10-15
prop-ja:alt
  • The fort's configuration is described in detail below.
prop-ja:architect
  • ロトビニエール侯爵
prop-ja:architecture
prop-ja:area
  • 21950 (xsd:integer)
prop-ja:built
  • 1755 (xsd:integer)
prop-ja:caption
  • 砦のレイアウトを示す1758年の地図
prop-ja:designatedNrhpType
  • --10-09
prop-ja:governingBody
  • 私設博物館
prop-ja:imageSize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:latDegrees
  • 43 (xsd:integer)
prop-ja:latDirection
  • N
prop-ja:latMinutes
  • 50 (xsd:integer)
prop-ja:latSeconds
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:location
prop-ja:locmapin
  • USA New York Adirondack Park
prop-ja:longDegrees
  • 73 (xsd:integer)
prop-ja:longDirection
  • W
prop-ja:longMinutes
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:longSeconds
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:mapAlt
  • The fort is located by Lake Champlain in New York near the Vermont border, about 2/3 of the way north from New York City to Montreal.
prop-ja:mapWidth
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Fort Ticonderoga
  • タイコンデロガ砦
prop-ja:nearestCity
prop-ja:nrhpType
  • nhl
prop-ja:refnum
  • 66000519 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • タイコンデロガ砦(タイコンデロガとりで、英: Fort Ticonderoga)は、現在のアメリカ合衆国ニューヨーク州ハドソン川峡谷にあるシャンプレーン湖の細くなった南端で、戦略的に重要な場所に作られた18世紀の大きな砦である。七年戦争(アメリカではフレンチ・インディアン戦争)の1754年から1757年の間にフランスが建造し、イギリスとフランスの植民地間抗争では戦略的重要さがあったが、アメリカ独立戦争のときはそれほどの重要さはなかった。タイコンデロガ砦を巡って約20年間に数度の戦いが繰り広げられた。砦の場所はシャンプレーン湖とジョージ湖の間3.5マイル (5.6 km) にある急流の多いラシュート川河口にそって舟運を支配し、イギリスのアメリカ植民地が支配したハドソン川流域とフランスが支配したセントローレンス川流域を結ぶ交易路を戦略的に抑えるものだった。地形がこの場所の重要性を増した。2つの湖は細くて長く、南北に走り、遠く南のジョージア州まで伸びるアパラチア山脈の多くの稜線が、この場所が支配する大アパラチア渓谷のほとんど通過も困難な山がちの地形を東西につくっていた。タイコンデロガの名前はイロコイ族の言葉(tekontaró:ken)で「2つの湖の間の土地」を意味している。1758年のカリヨンの戦いで、4,000名のフランス守備軍がこの砦の近くで16,000名のイギリス軍による攻撃を撃退した。1759年、イギリス軍が戻ってきて、砦を脅かす高地を占領するだけで砦から一握りの守備隊を追い出した。アメリカ独立戦争のとき、イーサン・アレンとベネディクト・アーノルドが指揮するグリーン・マウンテン・ボーイズなど民兵隊が急襲でこの砦を奪取した。アメリカ大陸軍は1777年6月までこの砦を保持したが、ジョン・バーゴイン将軍の指揮するイギリス軍がやはり砦を見下ろす高地を占領して大陸軍を脅かしたので、大陸軍は砦と周辺の防御地から撤退した。砦に対する唯一の直接攻撃は1777年9月のことで、大陸軍の500名を率いたジョン・ブラウンが約100名のイギリス守備隊から砦を奪おうとしたが失敗した。サラトガ方面作戦が失敗した後、イギリス軍はこの砦を放棄し、1781年以降は軍事的価値が無くなった。19世紀には地域観光ルートの1つの目的地になった。20世紀初期にはこれを所有していた民間人が砦を改修した。現在は砦を管理する基金が観光案内、博物館および研究センターを運営している。
rdfs:label
  • タイコンデロガ砦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is foaf:primaryTopic of