Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • タイの王室歌の名は国王賛歌(タイ語:สรรเสริญพระบารมี)と言い、国王を賞賛する歌である。各種王室関連行事で流されるほか、映画館では映画上映前に流され、演劇前にも流される。又、タイ国内の一部ラジオとテレビ局の放送開始と放送終了の時期に流されるなど。歌詞はナリサラ・ヌワットティウォング王子が作詞したものを、1913年頃にラーマ6世が修正。作曲はロシア人作曲家Пётр Андреевич Щуровский (1850-1908)による。映画館での上映の後ではなく前に国王賛歌が流れるのは、上映後に流すと音楽が終わるのを待たず、観客が席を立つためであると言われる。タイ国歌と同じく、この音楽が流れるときは、斉唱の義務はないが直立不動の姿勢をとらなければならず、そうしなかった場合は、不敬罪にふれるため逮捕される可能性がある。映画館でも遅れて館内に到着し、この音楽が流れていた場合、席に急いではならず、その場で直立不動の姿勢をとる必要がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 94064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1498 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57145805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:description
  • Recording in phonograph cylinder, performed by the Boosra Mahin theater group who visited Berlin, Germany in 1900
prop-ja:filename
  • Thai Royal Anthem - Phonograph cylinder recordings.ogg
prop-ja:format
prop-ja:title
  • Thai Royal Anthem
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • タイの王室歌の名は国王賛歌(タイ語:สรรเสริญพระบารมี)と言い、国王を賞賛する歌である。各種王室関連行事で流されるほか、映画館では映画上映前に流され、演劇前にも流される。又、タイ国内の一部ラジオとテレビ局の放送開始と放送終了の時期に流されるなど。歌詞はナリサラ・ヌワットティウォング王子が作詞したものを、1913年頃にラーマ6世が修正。作曲はロシア人作曲家Пётр Андреевич Щуровский (1850-1908)による。映画館での上映の後ではなく前に国王賛歌が流れるのは、上映後に流すと音楽が終わるのを待たず、観客が席を立つためであると言われる。タイ国歌と同じく、この音楽が流れるときは、斉唱の義務はないが直立不動の姿勢をとらなければならず、そうしなかった場合は、不敬罪にふれるため逮捕される可能性がある。映画館でも遅れて館内に到着し、この音楽が流れていた場合、席に急いではならず、その場で直立不動の姿勢をとる必要がある。
rdfs:label
  • タイの王室歌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of